2019年08月31日

トールキン 旅のはじまり (2019/08/30劇場公開)

「ニコラス・ホルト」主演、「リリー・コリンズ」ら共演、「ドメ・カルコスキ」監督で、冒険ファンタジー映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」3部作の原作者「J・R・R・トールキン」の若き時代を描いた伝記ドラマ。12歳で孤児となってしまったトールキンが、高校時代に3人の親友達と出会い、「芸術で世界を変えよう」と互いに誓い合う。少ししてぼっ発した第1世界大戦がトールキンと仲間たちの運命を大きく変えていく・・・という話。
土曜日の夕方の200〜300人入るスクリーンで、いたのは私の他は2組3人だけでした(笑)。ですよね・・・そもそも「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」という作品は知っていても、この人の名前を知っている人は少ないだろうし、「誰それ?」って感じで観る人がいない・・・。伝記なので、地味に淡々と進んでいきます。彼の作品に思い入れのある私だからこそ楽しめた作品なのかもしれないです(笑)。
地雷指数:50%

20190831-2.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/tolkienmovie/)
🎬『トールキン 旅のはじまり』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (2019/08/30劇場公開)

「レオナルド・ディカプリオ」「ブラッド・ピット」のW主演、「マーゴット・ロビー」「アル・パチーノ」ら共演、「クエンティン・タランティーノ」製作・脚本・監督で、落ち目の俳優と専属スタントマンの2人の友情と絆を軸を描いた、「タランティーノ」の9作目となる作品。人気のピークを過ぎ、テレビから映画への転身を目指す俳優と付き人兼スタントマンの二人は、長い年月をかけ固い友情で結ばれていた。俳優として再び輝くため、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意する主人公の二人であったが、ある日、彼らの人生を巻き込む事件が発生する・・・と言うお話。
扱っている内容は理解できるのですが、今一つ言いたいことが伝わりにくいと感じた作品。落としどころが最後まで分かりずらい、「タランティーノ」節全開の作品・・・なので、好き嫌いは大きく分かれるかもしれないです。個人的には「ディカプリオ」に関して言えば、若いときよりも今の演技がいい感じを受けます。それにしても、元女優に扮する「マーゴット・ロビー」って、この話に必要(笑)?
地雷指数:65%

20190831-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.onceinhollywood.jp/)
🎬映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 20:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

ワイルド・スピード スーパーコンボ (2019/08/02劇場公開)

「ドウェイン・ジョンソン」「ジェイソン・ステイサム」W主演でW製作、「イドリス・エルバ」「バネッサ・カービー」ら共演、「デビッド・リーチ」監督で、シリーズのサブキャラクターである「ルーク・ホブス」と「デッカード・ショウ」がタッグを組んで挑む戦いを描く、「ワイルド・スピード」の通算9作目のスピンオフなアクション作品。かつては敵同士での二人が、いがみあいながらも、目の前に立ちふさがる謎の強敵に挑んでいく・・・という話。
過去作である「ワイルドスピード」とは毛色の違う、「ヴィン・ディーゼル」が製作にも出演にも名前も連ねていないある意味では別作品です(笑)。過去作に思い入れのある私のような人を除けば、過去作観ていなくても楽しめるアクション映画としては横道な作品なので、何も考えずに楽しく観られます。でも個人的にいらない(笑)。でも今の映画界では、お客の呼べる代表的な二人の活躍には、頭が下がります。
地雷指数:45%

20190803-1.jpg

🎬公式サイト (https://wildspeed-official.jp/)
🎬映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』最終予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

パージ:エクスペリメント (2019/06/14劇場公開)

「イラン・ノエル」主演、「レックス・スコット・デイビス」ら共演、「ジェイソン・ブラム」「マイケル・ベイ」ら共同プロデュースによる「パージ」(2013年)、「パージ:アナーキー」(2014年)、「パージ:大統領令」(2016年)に続く、1年に一晩、12時間だけ全ての犯罪が合法化される法律=「パージ法」がなぜアメリカで施行されることとなったかが描いたエピソード・ゼロ的な位置づけとなる「パージ」シリーズの第4作。1年に一晩だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法となる「パージ法」の採用が決まり、全米での適用前のテストとしてある島で実験的にパージ法を思考する。多くの島民が島外へと逃げる中、ギャングのボスである主人公は、自身のシマや愛する人を守るために島に残ることを決意する・・・という話。
先月公開の作品ですが、やっと地元の映画館にもかかっていたので鑑賞。1作品を観たときは、ストリー性を感じさせてくれない地雷映画と言うイメージがあったのですが、実は「ジェイソン・ブラム」「マイケル・ベイ」らが共同プロデュースという驚きの作品(笑)。新しい作品になるたびに、メジャー作品的にストリー付けされているようなのですが・・・今回はなぜかヒーロー映画っぽくなっています(笑)。個人的には1作目のくだらなさが好きでした(笑)。どこを目指しているのか・・・。
地雷指数:80%

20190727-1.jpg

🎬公式サイト (http://purge-exp.jp/)
🎬映画『パージ:エクスペリメント』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

チャイルド・プレイ (2019/07/19劇場公開)

「ガブリエル・ベイトマン」主演、「オーブリー・プラザ」ら共演、「マーク・ハミル」がチャッキーの声で出演、「ラース・クレブバーグ」監督、「セス・グラハム=スミス」「デビッド・カッツェンバーグ」製作で、1988年の公開以降、何度も製作されてきた、かわいらしい見た目とは裏腹に残忍な殺人を繰り返す恐怖の人形チャッキーを描いたホラー映画「チャイルド・プレイ」をリブートしたR15指定な作品。友達のいない少年が誕生日に人形をプレゼントされる。人形をチャッキーと名づけて一緒に暮らし始めた主人公の少年であったが、次第に周辺で異変が起こり始める・・・と言う話。
だいぶ今風にアレンジされていて、人形には音声認識センサーや高解像度画像認識機能、ネットワークサービスとの接続などの最先端の技術が盛り込まれていたりします。内容的にはご存じの通りなんですが、別な終わり方の方が良かったように思うのは私だけだろうか? ちなみに、チャッキーの声を演じたルーク・スカイウォーカーになにさせているんだか(笑)。でもマークハミル、楽しそう。この作品がDVD化した後でも、字幕でみないと楽しみ半減かも(笑)。
地雷指数:65%

20190720-2.jpg

🎬公式サイト (https://childsplay.jp/)
🎬映画 『チャイルド・プレイ』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーウェン (2019/07/19劇場公開)

「スティーブ・カレル」主演、「レスリー・マン」「ダイアン・クルーガー」ら共演、「ロバート・ゼメキス」監督で、過去に暴行を受けて心身ともに傷い、記憶を失った主人公が、現実と向き合う勇気を獲得する姿を描いた、実話をもとにしたヒューマンドラマ。5人の男たちから暴行を受け、瀕死の重症を負った主人公が復帰してはいるのだが、脳に障害を抱え、PTSDにも苦しんでいた。障害を抱えるまでは画家であった主人公だが、今はリハビリのためフィギュアの撮影を始め、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使った空想の世界を作り上げている・・・という話。
正直、映画冒頭の人形劇シーン?を見た瞬間、これはヤバいと思いましたが、テーマ的にはかなりしっかり見られる作品。ただ、周囲の暖かい支援に対する感謝の念を描くのであれば、もう少し現実世界を描いて欲しかった。楽しむ・・・のとは少し違ったジャンルでした。私には向いていない(笑)!?実は総指揮も俳優もかなり豪華な作品だったりします。
地雷指数:60%

20190720-1.jpg

🎬公式サイト (https://www.marwen-movie.jp/)
🎬映画『マーウェン』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム (2019/06/28劇場公開)

「トム・ホランド」主演、「ジェイク・ギレンホール」「サミュエル・L・ジャクソン」「ゼンデイヤ」「コビー・スマルダース」「ジョン・ファブロー」ら共演、「ジョン・ワッツ」監督で、「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、主人公が真のヒーローへと成長していく姿を描いた作品で、「スパイダーマン ホームカミング」の続編。夏休みのヨーロッパ旅行に出かけた主人公の前に、ヨーロッパの都市に現れた炎や水など自然の力を操るクリーチャーがあられる。そんな主人公の前に「ニック・フューリー」が現れ、マルチバースの他の世界からやってきたという男を主人公に引き合わせる・・・という話。
「インフィニティ・サーガ」における最終作品となる作品なので、世の中には蛇足的な意見を述べる方もいますが、個人的には「アイアンマン」の死にケリをつるためにも大きな意味のある作品であったかと思います。話はヒーロー映画であると同時に青春ドラマ的な作品になっています。日本ではMCU内で一番人気のあるキャラクターなのも納得です。日本人好きそうだもの(笑)。エンドクレジットでの2つの映像が、次作品以降の展開に期待させてくれる内容になっています。
地雷指数:35%

20190629-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.spiderman-movie.jp/)
🎬映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』テレビスポット (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 16:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

X-MEN:ダーク・フェニックス (2019/06/21劇場公開)

「ソフィー・ターナー」「ジェームズ・マカボイ」「マイケル・ファスベンダー」「ジェニファー・ローレンス」ら出演、「サイモン・キンバーグ」監督で、原作コミックで「ダーク・フェニックス サーガ」を映画化したマーベルコミック原作の「X-MEN」シリーズの7作目の作品。
「X-MEN: フューチャー&パスト」「X-MEN: アポカリプス」で、個人的に何か違う感を感じていた「X-MEN」が少しだけ戻ってきた印象ではありますが、やっぱり何かが違う・・・それは「X-MEN」がMCU入りしてからでも良くないだろうかとは思ったりしました(笑)。とはいえ、アクションシーンの妙は流石。今回は、「ナイトクローラー」が大活躍・・・個人的には、「クイックシルバー」の方が好きなんだけどなぁ(笑)。
地雷指数:55%

20190622-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/)
🎬映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』予告編
posted by YUJI at 18:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

メン・イン・ブラック インターナショナル (2019/06/14劇場公開)

「ウィル・スミス」「トミー・リー・ジョーンズ」からバトンタッチして、「クリス・ヘムズワース」「テッサ・トンプソン」がW主演、「リーアム・ニーソン」「エマ・トンプソン」「レベッカ・ファーガソン」ら共演、「F・ゲイリー・グレイ」監督で、エイリアンを監視する秘密組織のエージェントたちの活躍を描くSFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目となる作品。過去に活躍した先輩エージェントと新人エージェントという、男女のエージェントが新たにコンビを組み、エージェント内にいるとされる裏切り者を探すというスパイ摘発ミッションを行っていく・・・という話。
MCU作品で共演している「ソー」と「ヴァルキリー」がW主演しての過去の作品の続編やリメイクというよりも、スピンオフ的な作品になっています。この作品のノリは前作と大きく変わっていないとは思うのですが、過去作を知っていた私的には、単純に楽しめる作品ではあったものの「それとはなにか違う」・・・という印象を受けました(笑)。正直、キャスト的に誰がスパイなのかすぐに分かってしまうのですが、この作品の性質的に話が少し難しくしようとしすぎたのも一員としてあったのかも。
地雷指数:65%

20190614-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.meninblack.jp/)
🎬映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』本編映像 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 03:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

スノー・ロワイヤル (2019/06/07劇場公開)

「リーアム・ニーソン」主演、「ローラ・ダーン」「トム・ベイトマン」ら共演、オリジナル作品を手がけた「ハンス・ペテル・モランド」監督で、息子を殺され復讐を誓う父親の姿を描いたノルウェー製ドラマの「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をリメイクした作品。雪深い静かな田舎町で除雪作業員をしている主人公が、1人息子を麻薬がらみのトラブルに巻き込まれ殺されてしまう。犯人が地元の組織組織に殺されたことに気づいた主人公は、関係した組織の人間を1人ずつ殺していく。しかし、この復讐劇は2つのマフィア、さらに警察をも巻き込んでいく・・・という話。
「子供の復讐劇を描いた作品がよく似合う俳優 」第一位の「リーアム・ニーソン」がまたまた活躍している作品です(笑)。事前の予告編で4つの勢力がぶつかり合うというのが売り文句でしたが、ベースがTVドラマというのもあり、時間的に無理があったのでしょう、その部分は十分に描かれておらず、個人的には正直消化不良な内容でした。それとこの作品で時々出てくる「とある」映像と、作品内で流れてくる音楽もちょっと・・・(笑)。
地雷指数:85%

20190608-1.jpg

🎬公式サイト (https://snowroyale.jp/)
🎬映画『スノー・ロワイヤル』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:01| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする