2018年10月27日

search サーチ (2018/10/26劇場公開)

「ジョン・チョウ」主演、「ティムール・ベクマンベトフ」製作、「アニーシュ・チャガンティ」監督で、作品すべてがPCとスマフォの画面上の映像で描かれているサスペンススリラー。女子高生の娘が姿を消したため捜査が開始されるが、2日近くの時間が経過したことから、心配した一人親である主人公の父親が家族共用PCに娘のアカウントでログインし、娘が登録しているSNSにアクセスを試みると、そこにはいつもの娘とは別人の姿が映し出されていた。これらを閲覧しているうち主人公はある事実に気づき、やがて捜査は意外な方向に進んでいく・・・という話。
以前こちらで紹介した「アンフレンデッド」よりも徹底してPC・スマフォ画面での展開のみに特化した、スリラー感のあまり感じないサスペンスな作品。特に後半の事件解決に向かうまでの展開がいい。それほど長い作品でもないし・・・お勧めです。この作品ならもっと大きなバジェットでも成功したのではないだろうか・・・。しかしこの展開、どこかで観たような(笑)。
地雷指数:35%

20181027-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.search-movie.jp/)
🎬映画『search/サーチ』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

デス・ウィッシュ (2018/10/19劇場公開)

「ブルース・ウィリス」主演、「ビンセント・ドノフリオ」「エリザベス・シュー」「カミラ・モローネ」ら共演、「イーライ・ロス」監督で。「ブライアン・ガーフィールド」の同名小説を元に描かれた、1974年公開に「狼よさらば」(原題:Death Wish)のリメイク作品。無法地帯となってしまった街に主人公の外科医が、強盗によって家族を襲われてしまう。復讐の鬼となった主人公は自ら銃を取り、独り自警団となり犯罪者を抹殺していく・・・という話。
オリジナル作品である「狼よさらば」(原題 Death Wish)を復習のため、NETFLIXで観なおしてからの鑑賞。この作品単体で考えれば、楽しめる作品だったんじゃないかと思います。今回の作品だと前作とは異なり、殺人に快感を覚えていく・・・という主人公の心の変化が感じられないという印象を受けました。それと作品最後に主人公が行う、ある象徴的なポーズ。前作のそれとは、だいぶ意味合いが違うものになっているような気がしたのは気のせい!? 書きたいけれど・・・ネタバレになるので、詳細は自粛します(笑)。
地雷指数:45%

20181020-1.jpg

🎬公式サイト (http://deathwish.jp/)
🎬『デス・ウィッシュ』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:20| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

スカイライン 奪還 (2018/10/13劇場公開)

「フランク・グリロ」主演、「イコ・ウワイス」「ヤヤン・ルヒアン」ら共演、「リアム・オドネル」監督で、エイリアンによって地球が侵略される3日間を描いた「スカイライン 征服」(2011年公開)の続編となるSFアクション。前作、地球に出現した未確認飛行物体により地球は征服され、飛行物体の発する青白い光を浴び、人びとは次々と地上からその物体へと吸い上げられていった。本作での主人公は、エイリアンへ変貌を遂げながらも人間の心を残していた前作の主人公と共に、息子の救出と宇宙船の破壊を試みる。そして・・・と言う話。
このブログでも紹介した作品の続編なんですが、話を忘れていたので、一応前作を復習してからの干渉。でもこれ続編といってもリブート・・・というか、ほとんど別作品。確か前作はSFホラーっぽい内容だったのですが、本作はSFアクション。作風どころか、ジャンルが変わっているし(笑)。内容も、最後は「怪獣大決戦」だし。何より続編を見据えたエンディングであることが凄い(笑)。VFXは頑張ってるけど。
地雷指数:90%

20181013-1.jpg

🎬公式サイト (https://skyline-dakkan.jp/)
🎬映画『スカイライン-奪還-』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
【参考】
🎬映画『スカイライン-征服-』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

イコライザー2 (2018/10/05劇場公開)

自身初の続編への出演となる「デンゼル・ワシントン」主演、「アントワン・フークア」監督で、元CIAエージェントで世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく主人公の姿を描いたアクションサスペンス「イコライザー」の続編。ある日、CIA時代の元上官で親友が何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始した主人公が犯人を特定するが、その直後から自身とその周囲の友人に危険が迫る。その手口から相手は主人公と同じく特殊訓練を受けていることが判明する・・・という話。
海外版「必殺仕事人」のこの作品、前作はかなり面白い作品でした。私の好みの作品かどうかは別にして、続編であることを別にすれば、今回もそれなりに面白い作品だとは思います。ただ・・・予告で謳い文句になっている「イコライザーVs.イコライザー」はどこに(笑)?「19秒ルール」も本続編では完全におまけになっています(笑)。ハリウッドの続編特有の「今度は戦争だ!」とはなっていない点はマル。ただ、そもそもこのメインの事件が起きてしまった理由が、私には最後まで不明でした(笑)。
地雷指数:50%

20181006-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.equalizer2.jp/)
🎬『イコライザー2』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

クワイエット・プレイス (2018/09/28劇場公開)

「エミリー・ブラント」主演、「ミリセント・シモンズ」共演、「ジョン・クラシンスキー」共演・監督・脚本で、全米で大ヒットしたサスペンスホラー。音に反応して人間を襲う化け物により、人類が滅亡の危機に瀕した世界が舞台。そんな世界で生き延びている家族が、手話を使い会話を行いながら静寂とともに暮らしていたが、ある日、化け物により死の恐怖に襲われることになってしまう・・・という話。
最初はスリラーっぽいのですが、後半はホラーと言うより、良くあるSF作品のようになっています。最後まで化け物が姿をはっきり見せず、シルエットのみの登場にしておけば、もっと恐怖感があおり、スリラーやホラー寄りの作品になっていたような気がしました。そもそも、この手の作品で、化け物を倒す方法を見つけてしまうという展開は・・・きっと蛇足(笑)。
地雷指数:45%

20180929-1.jpg

🎬公式サイト (https://quietplace.jp/)
🎬映画『クワイエット・プレイス』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 17:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

スカイスクレイパー (2018/09/21劇場公開)

「ドウェイン・ジョンソン」主演、「ローソン・マーシャル・サーバー」監督で、100階以上の高さを持つ超高層ビルを舞台に、犯罪組織から家族を救出するため活躍するアクション作品。元FBIのリーダーとして活躍していたが、ある事件で左脚が義足となり、今は危機管理コンサルタントとして働いている主人公。世界で最も高いビル開業に向け、ビルのオーナーから安全管理のチェックを任され、このビルに家族とともに滞在するが、ある秘密を狙い犯罪組織が高層階での大火災を起こす・・・という話。
個人的には「タワーリング・インフェルノ」的な作品を期待して観に言ったのですが、実際の内容的には、「ドウェイン・ジョンソン」版の「ダイ・ハード」な作品です(笑)。いかも、主人公が過去のある事件で片足が義足であるのに、それを感じさせない激しいアクション・・・って、その設定いる(笑)? 個人的には、もっと魅力ある的が必要なんじゃないかと思いました。
地雷指数:65%

20180922-1.jpg

🎬公式サイト (http://skyscraper-movie.jp/)
🎬『スカイスクレイパー』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:32| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

ザ・プレデター (2018/09/14劇場公開)

「ボイド・ホルブルック」主演、「オリビア・マン」「のジェイコブ・トレンブレイ」ら共演、「シェーン・ブラック」監督で、驚異的な戦闘能力を持つプレデターと人類の戦いを描く、1987年公開の「プレデター」シリーズの正統続編として製作されたSFアクション。元特殊部隊員の主人公が、任務中に墜落した宇宙船に乗っていたプレデターに遭遇。主人公が墜落現場から持ち帰っていたプレデターのマスクを追い、装置から発せられるシグナルによってプレデターが彼らの前に再び姿を表す。そんな彼らの前にそのプレデターを追い、アップグレードされた新たなプレデターが姿を現す・・・という話。
約30年ぶりに、久々にあの「プレデター」に会えました。娯楽作品としては面白い・・・よね(笑)。正統な続編という触れ込みでしたが、「プレデター」をテーマにしている以外は正直別物であるように思ってしまいました。何より作品の雰囲気として、「プレデター」相手に何とかなっちゃいそうで、人類が絶滅しそうという緊迫感が感じられません(笑)。それと、最後の最後に出てくるアレ、実は最後まで「カレ」出てくるじゃないだるか? とも思っていたのですが、出てきたのは「それあり?」という「アレ」。自作は「プレデターVS.「アレ」」で決定?(「カレ」「アレ」が何かは自粛しておきます(笑)。)
地雷指数:50%

20180915-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/the-predator/)
🎬映画『ザ・プレデター』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
🎬『ザ・プレデター』第2弾予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 16:09| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

MEG ザ・モンスター (2018/09/08劇場公開)

「ジェイソン・ステイサム」主演、「リー・ビンビン」「レイン・ウィルソン」「ルビー・ローズ」「マシ・オカ」ら共演、「ジョン・タートルトーブ」監督で、太古の巨大ザメに襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクション。深海を調査中の探査チームが突然、巨大なサメに襲われていまい、深海で身動きがとれなくなってしまう。彼らを救うため、レスキューダイバーの主人公が探査チームの救助に向かうが・・・というお話。
個人的には「ジェイソン・ステイサム」の派手なアクションが観られずに消化不良気味でしたが、どういうわけか映画サイトの評価はそれなりにいい作品。パニック映画の筈でしたが、途中から「A TEAM」や「ミッション・インポッシブル」のような作品になっていました(笑)。個人的には久々に「マシ・オカ」を見れたのは収穫。それと・・・この作品のメインの曲が、なぜか米国のポップス楽曲「Mickey」(私はガレッジセールのゴリが演じるキャラクター「松浦ゴリエ」の歌として知っての方がインパクトが(笑))で崩れました(笑)。
地雷指数:75%

20180908-1.jpg

🎬公式サイト (https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/)
🎬『MEG ザ・モンスター』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 18:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

アントマン&ワスプ (2018/08/31劇場公開)

「ポール・ラッド」「エバンジェリン・リリー」主演、「マイケル・ダグラス」「ミシェル・ファイファー」ら共演、「ペイトン・リード」監督で、体長1.5センチにまで小さくなることができるアントマンとワスプの活躍を描く、「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する映画「アントマン」のシリーズ第2作。2年前にアベンジャーズの戦いへの参加したことがきっかけで、残り3日の自宅軟禁の日々を送っていた主人公。そんな主人公の前に、アントマンのスーツの開発者である博士と、博士の娘(ワスプ)が現れ、ある計画への協力を依頼される・・・という話。
この作品のタイムラインは、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」と同じようで、アントマンがあの戦いに参加できていなかった理由を納得。それと共に、アントマンが次作でどのような役割が果たすのか、少しわかってきたような気がします。ちなみに、本作では例外に漏れず前作より強さのインフレが起きている印象。未知数な力を別にすれば、実はアントマンよりもワスプの方が絶対優秀(笑)。作品は、相変わらずかなりいい感じで、楽しむことが出来ました。後は・・・ホークアイかな(笑)。
地雷指数:35%

20180901-1.jpg

🎬公式サイト (https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp/home.html)
🎬『アントマン&ワスプ』本予告編 (シネマトゥデイ - YouTube)
posted by YUJI at 19:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

オーシャンズ8 (2018/08/10劇場公開)

「サンドラ・ブロック」主演、「ケイト・ブランシェット」「アン・ハサウェイ」「ヘレナ・ボナム・カーター」「リアーナ」ら共演、「スティーブン・ソダーバーグ」プロデュース、「ゲイリー・ロス」監督で、前作「オーシャンズ」シリーズを、新たに女性メンバー8人の活躍で描くクライムエンタテインメント。「ジョージ・クルーニー」の演じた主人公の妹が主人公となり、犯罪プロフェッショナルである女性達に声をかけ、ニューヨークで開催される世界的ファッションイベントの会場で、門外不出の宝石を盗み出す計画を立てる・・・という作品。
オリジナルの「オーシャンズ」シリーズから楽しく見させて貰っています。タイトルが「オーシャンズ8」なのに、チームのメンバーは7人という時点でオチはある程度分かってしまいましたが、それでも自分の予想とは少し違い楽しむことが出来ました。過去作のメンバーやネタも出てきたりしてニヤニヤ。次回作があれば、きっと"あの"彼らも・・・。ただ一つ。何年もかけた計画にも関わらず、他人のリアクションに頼る不確定要素が結構あったのは、少しだけ気になりました。最後に・・・この手の役を演じたときの「アン・ハサウェイ」は、すごくいい(笑)。
地雷指数:40%

20180810-2.jpg

🎬公式サイト (http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans8/)
🎬映画『オーシャンズ8』本予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 02:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする