2019年08月31日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (2019/08/30劇場公開)

「レオナルド・ディカプリオ」「ブラッド・ピット」のW主演、「マーゴット・ロビー」「アル・パチーノ」ら共演、「クエンティン・タランティーノ」製作・脚本・監督で、落ち目の俳優と専属スタントマンの2人の友情と絆を軸を描いた、「タランティーノ」の9作目となる作品。人気のピークを過ぎ、テレビから映画への転身を目指す俳優と付き人兼スタントマンの二人は、長い年月をかけ固い友情で結ばれていた。俳優として再び輝くため、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意する主人公の二人であったが、ある日、彼らの人生を巻き込む事件が発生する・・・と言うお話。
扱っている内容は理解できるのですが、今一つ言いたいことが伝わりにくいと感じた作品。落としどころが最後まで分かりずらい、「タランティーノ」節全開の作品・・・なので、好き嫌いは大きく分かれるかもしれないです。個人的には「ディカプリオ」に関して言えば、若いときよりも今の演技がいい感じを受けます。それにしても、元女優に扮する「マーゴット・ロビー」って、この話に必要(笑)?
地雷指数:65%

20190831-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.onceinhollywood.jp/)
🎬映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 20:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]