2019年02月23日

THE GUILTY/ギルティ (2019/02/22劇場公開)

「ヤコブ・セーダーグレン」主演、「グスタフ・モーラー」監督で、第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞した、電話からの声と音だけで誘拐事件を解決していく、デンマークの異色サスペンス映画。過去のある事件をきっかけに明日に裁判を控えたの警察官であり、今日までの期間限定で緊急通報指令室のオペレーターを務めていた主人公が、今まさに誘拐されているというある女性からの通報を受ける。電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、主人公は事件に対処していくが・・・という話。
過去に公開された作品「フォーン・ブース」や「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」と言った作品にも共通するワンシチュエーションサスペンスな映画。このジャンルは派手さはないですが、かなり面白いと思います。電話のみを頼みに事件を解決していくので、主人公のみならず観客も電話から聞こえる音に集中していくので、かなり引き込まれていきます(笑)。ちなみにこの作品は、後半明らかになる事件の全容への転換がサスペンスとして優秀なのですが、最後まで見る限り明らかに「サスペンス」というよりも「人間ドラマ」な映画なんだと思います。
地雷指数:30%

20190223-2.jpg

🎬公式サイト(https://guilty-movie.jp/)
🎬映画『THE GUILTY/ギルティ』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]