2018年04月21日

レディ・プレイヤー1 (2018/04/20劇場公開)

「スティーブン・スピルバーグ」監督が、小説「ゲームウォーズ」を映画化した、日米のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムなどが多数登場するSFアクション作品。2045年のVRの世界「オアシス」がメインの舞台。オアシスの開発者が死去し、その世界に隠された3つの謎を解明した者に、彼の遺産とオアシスの運営権を明け渡すという遺言がメッセージとして発信される。世界中の人々が謎解きに躍起になる中、主人公の青年もそれに参加していた。ある女性との出会いをきっかけに、次第に1つ1つの謎を解き明かすことに成功するが、それに伴って、遺産を狙う巨大企業の魔の手が迫る・・・というお話。
テンポは「スター・ウォーズ」、ノリは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という印象の作品。ストーリー展開は良くある話だと思うのですが、アイディアとしては流石な感じで、楽しく観ることが出来ました。ただ、主人公以外の描き方が多少雑な気も・・・。ちなみに売りにもなっている、「ガンダム」や「ゴジラ」など、劇中に登場するアニメやゲームのキャラクターの数を途中まで数えていましたが、流石に疲れるので、途中でやめてしまいました(笑)。
地雷指数:45%

20180421-1.jpg

🎬公式サイト (http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/)
🎬『レディ・プレイヤー1』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:44| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]