2018年04月14日

パシフィック・リム アップライジング (2018年4月13日劇場公開)

「ジョン・ボイエガ」主演、「チャーリー・デイ」「菊地凛子」「スコット・イーストウッド」「新田真剣佑」ら共演、「ギレルモ・デル・トロ」製作、「スティーブン・S・デナイト」監督で、巨大ロボットのイェーガーと巨大モンスターの戦いを描いたSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。前作から10年後、再び巨大モンスターが現れたことをきっかけに、再びイェーガーに乗り込み戦う若きパイロットたちの戦いを挑む・・・と言う話。
巨大ロボットに乗り込み、街を壊しまくりながら、単純に巨大モンスターと戦うだけの作品ですが、個人的には最近の「トランスフォーマー」よりも好みだったりします。前作よりも分かりやすくていい。ちなみに、この作品では絶対モンスターの方が強いと思うんですが、もっと苦戦してもバチが当たらないくらい、比較的構簡単に倒します(笑)。
地雷指数:55%

20180414-1.jpg

🎬公式サイト (http://pacificrim.jp/)
🎬『パシフィック・リム:アップライジング』日本版予告編 (シネマトゥデイ - YouTube)
posted by YUJI at 18:09| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さきほど息子さんと見てきました。

前作が由緒正しい「怪獣映画」の文法だとすると、今作は「ガンダム的」ですよね。そういう意味で、前作にあって今作に足りないのは「絶望感」だと思います。

ただ、映像はとてもよくできていますし、「四の五の言わずにロボットとカイジューのどつきあいが見たいんだろ」と言わんがばかりの展開にも、「ああそうとも!そういうのが見たいんだ!」と答えざるを得ない。俺の中の男の子がそう叫んでます。

陰謀的な部分をもうちょっと膨らまして欲しいなぁ、と思う大人な俺も、その声には黙らざるを得ない。

結論:前作ほど熱狂はしないが、それでも面白かった。前作ファンは見るべき。
Posted by thalion at 2018年04月15日 22:48
「絶望感」については同感です(笑)。
シナリオは、どこかで観た作品から少しずつ拝借したもので、「あって」「ないような」ものな気もしましたが、純粋にど突きあいを楽しめる作品かと思いました(笑)。
Posted by ITOYJ at 2018年04月17日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]