2017年10月21日

バリー・シール アメリカをはめた男 (2017/10/21劇場公開)

「トム・クルーズ」主演、「ダグ・リーマン」監督で、CIAエージェントが麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物の嘘のような人生がコメディ要素満載で描かれるクライム映画。CIAのスカウトを受け、偵察機のパイロットとしてCIAの極秘作戦に参加する主人公が、作戦の過程で出会った麻薬王らと接触し、麻薬の運び屋としても活動を開始することになる。この活動で大金を手に入れた主人公であったが、そんな彼にとんでもない危険が迫っていた・・・という話。
トム・クルーズなので、最後にはひと暴れ?・・・かと思っていましたが、作品が記録映画みたいなものなので、そんなものはなく、単に「トム・クルーズ」がCIAエージェントを演じて悪いことをし続ける作品です。ちなみにこんな役でも結局は「トム・クルーズ」してました。彼にはやっぱりアクション作品が向いている(笑)。記録映画?としての出来はともかく、エンターテイメントとしての映画となると・・・個人的にあまりお勧めできない感じです。
地雷指数:75%

20171021-2.jpg

🎬公式サイト (http://barry-seal.jp/)
🎬映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』本予告編 (シネマトゥデイ - YouTube)
posted by YUJI at 21:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]