2017年06月24日

ハクソー・リッジ (2017/06/24劇場公開)

「アンドリュー・ガーフィールド」主演、「サム・ワーシントン」「ルーク・ブレイシー」ら共演、「メル・ギブソン」監督で、第2次世界大戦の沖縄戦で衛生兵として英雄的な活躍した兵士の実話を映画化した戦争ドラマ。「人を殺してはならない」「銃を持たない」という誓いを立てた主人公が、軍隊でも上官や同僚たちから疎まれつつも、戦地・沖縄のハクソー・リッジでの戦闘に衛生兵として参加することになる。仲間達が撤退していく中、負傷して残された仲間たちを彼一人が見捨てることなく、たったひとりで戦場に留まり、治療と救出を続けていく・・・という話。
実話を基にした戦争映画ということもあり、あまり悪くいえるところはない、考えさせる映画なのですが、後半の沖縄戦でのシーンは、かなり過激で観る人を選ぶ作品です。あえて言うのであれば、この作品での日本兵は、セットの一部として描くだけで良かったんじゃないかと。クライマックス後に一部いらないんじゃないかと思えるシーンがあったように感じました。それにしても、「メル・ギブソン」といい、「クリント・イーストウッド」といい・・・俳優出身の監督はこの手の考えさせる実話ベースの戦争映画を良く撮りますね(笑)。
地雷指数:35%

20170624-2.jpg

🎬公式サイト (http://hacksawridge.jp/)
🎬ハクソー・リッジ』ティザー予告 (シネマトゥデイ - YouTube)
posted by YUJI at 21:46| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]