2017年04月08日

ゴースト・イン・ザ・シェル (2017/04/07劇場公開)

「スカーレット・ヨハンソン」主演、「ピルウ・アスベック」「マイケル・ピット」「ジュリエット・ビノシュ」「ビートたけし」ら共演、「ルパート・サンダース」監督で、士郎正宗の真画を押井守監督が映画化した「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を、ハリウッドで実写映画化した作品。脳を残して全身が機械化された捜査官の女性が、サイバーテロ事件を発端に失われた記憶が呼び覚まされるが、そこには驚くべき過去が隠されていた・・・というお話。
実は、コミックも映画も知らない、まっさらな状況で観てきました。ネタバレになるので書きませんが、内容的には、ハリウッド映画にある良くある話で、あまり日本のコミックという感じないストーリーでした(笑)。あえて言えば、見所は描かれた未来感とアクション。その点ではそれなりに楽しめる作品になっていましたと思います。前情報のない人の方が楽しめるのかも知れません。ちなみに、この歪んだ日本感は、原作もそうなの(笑)?
地雷指数:60%

20170408-1.jpg

🎬公式サイト (http://ghostshell.jp/)
🎬『ゴースト・イン・ザ・シェル』“記憶にダイブ”本編映像 (YouTube)
posted by YUJI at 15:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]