2016年08月15日

ハイランダー 悪魔の戦士 (1986/11/01劇場公開, Blu-ray)

「クリストファー・ランバート」主演、「ロクサーン・ハート」「ショーン・コネリー」ら共演、「ラッセル・マルケイ」監督で、「クイーン」も音楽で参加している 16世紀のスコットランドと現代のニューヨークを舞台に不老不死の宿命を負った若者の運命を描くソード・アクション。主人公が率いるハイランダーの一族と黒い騎士率いる一族との交戦の結果、主人公は死亡してしまうが、彼は謎の力で蘇り、それが原因で悪魔扱いされ村から追放されてしまう。山奥にこもった主人公は、主人公の前に現れた男から主人公が首をはねられない限り永遠の時を生きる運命にあり、「究極の宝」を求めて未来の「集合の時」へ向けて戦い抜くよう運命づけられていることを聞かされる。不老不死の主人公は、現代のニューヨークでも生き続け、やがて「集合の時」が訪れることで、因縁の敵である「黒い騎士」の男と闘いを行うことになる・・・という話。
映画「ブレイド」と共に、私のベストに入る作品をブルーレイで入手したので、このタイミングで鑑賞。点数としてはかなりのひいき目に付けたので、好みが大きく分かれると思う(笑)。今観ると、以外とアクションが貧相なのはご愛敬。それにこの作品、「ジャッキー・チェン」作品初期のカンフー映画みたいな内容だったのね(笑)。特に「最後に残るのは、ひとりだけ」という決めゼリフ(字幕ではなく英語)と、若き日の「メル・ギブソン」同様に「クリストファー・ランバート」の見つめる瞳、それに「クイーン」の曲が良い。ちなみに、続編はほぼ別物ですので、ご注意ください。好きな私でもダメダメだと思う(笑)。
地雷指数:20%

20160815-1.jpg

posted by YUJI at 10:53| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]