2016年07月03日

インデペンデンス・デイ (1996/12/07劇場公開, VOD)

「ウィル・スミス」「ビル・プルマ」「ジェフ・ゴールドブラム」ら出演、「ローランド・エメリッヒ」監督で、地球を侵略しようとする異星人と人類の3日間の攻防を描いたSFパニック映画。ある日、地球に巨大飛行物体が接近する。やがて、物体は異星人の宇宙空母であることが判明し、数時間後には十数隻の宇宙船が大気圏に突入した。天才的なエンジニアが異星人による攻撃まで残り少ないことに気づくが、時すでに遅く、宇宙船から発射された怪光線によって街がたちまちのうちに破壊さてしまう。彼らとの交戦の中で、異星人の目的が地球侵略であることを知り、異星人の宇宙船への核攻撃を断行するが・・・と言う話。
来週公開の「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のために20年前の前作を復習。前半はSFパニック・ムービーなんですが、後半がらっと様相が変わって派手なSFアクション物になります。これ観ていたら「アルマゲドン」の展開を思い出した。急に考証的な部分が無視されて、無茶な作戦を平然と成功させるという流れの展開に(笑)。でも、この時代にこの作品は受けたと思う。それにしてもこの話だと、展開は「帝国の逆襲」・・・じゃない、「異星人の逆襲」なんだろうね、やっぱり(笑)。
地雷指数:45%

20160703-2.jpg

posted by YUJI at 13:29| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]