2016年04月17日

スポットライト 世紀のスクープ (2016/04/15劇場公開, 映画館)

「マイケル・キートン」「マーク・ラファロ」「レイチェル・マクアダムス」ら共演、「トム・マッカーシー」監督で、新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を描いた、今年のアカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した作品。新聞の「SPOTLIGHT」という記事で、神父による性的虐待と教会がその事実を隠蔽していたことを掲載することで、教会組織の膿を出そうと試みる記者達の姿を描く話。
アカデミー賞作品賞というだけあって、「ルーム」に引き続いて面白い。大人にはお薦めできる映画。ただ1つ、個人的には、描き方がかなり忙しいので結構疲れる作品でした(笑)。これ、誰か一人が目立つのではなく、チームの力で記事にするという描き方がいいんでしょうね。それにしても、この作品も「事実を基にした作品」と言うのが最初に・・・本当に流行なんですね。今年この字幕を何度観たことか。っていうか、「マーベル」と「DC」以外は、ほぼ全てそんな感じ(笑)。
地雷指数:35%

20160416-2.jpg

🎬http://spotlight-scoop.com/
🎬映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 21:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]