2015年10月17日

ダイバージェントNEO (2015/10/16公開, 映画館)

「マイルズ・テラー」「ケイト・ウィンスレット」「ナオミ・ワッツ」ら出演、「ロベルト・シュベンケ」監督で、「ベロニカ・ロス」の小説を映画化した「ダイバージェント」のシリーズ第2作。人々を5つの共同体で管理する近未来で危険視されている「異端者」の主人公が、前作からの宿敵である「博学」の指導者からの逃亡の日々を送っていたが、ついに主人公らは「博学」の指導者が「異端者」を排除する理由を突き止める・・・という話。
前作からの時間があまりたっていない設定からのスタートで、正直前作を観ていないといろんなことが意味不明です(笑)。私は観に来る直前に復習をかねて観てきたので何とか理解ができた。本作でもいろいろ伏線を張っているんだけれど、尻切れトンボ的に終わっているし、正直ほとんど回収できていない気がする。そもそも、良くも悪くも前作の雰囲気があまり残っていない作りなので、「ダイバージェント」ならではな作品ではないのが残念。こう考えると酷評していた前作の方が・・・(笑)。
地雷指数:60%

20151017-2.jpg

🎬http://divergent.jp/
🎬映画『ダイバージェントNEO』本予告 (YouTube)
posted by YUJI at 14:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]