2014年12月31日

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2014/12/31鑑賞, VOD)

「スカーレット・ヨハンソン」主演、「ポール・ブラニガン」ら共演、「ジョナサン・グレイザー」監督で、「ミッシェル・フェイバー」の同名小説を原作にしたSFスリラー。ある街で、とある女性に誘惑された男たちが次々と姿を消していく。実は彼女は地球外生命体で、最初無表情のまま次々と男たちを誘惑し捕食していく。しかし、顔に障害を持つ一人の男との出会いから徐々にこの女性の様子に変化が現われ始める・・・という内容。
「スカーレット・ヨハンソン」よ・・・この作品で脱ぐ必然性はあったのか(笑)? 原作は全く知らないけれど、本当にこういうトーンの作品なのだろうか?と思ってしまった内容で、この作品の意図が正直分からなかった(タイトルの意味は最後まで見れば一応わかるけど・・・)。私には難しすぎるのかも(笑)。ちなみに、全編通して無声映画並みに最小限の会話しかない演出と独特な雰囲気は結構斬新で印象的、決して恐怖のある作品ではないけれど、スリラーとしての作品感は十分に出せていると思う・・・けど、これSFじゃなくて狂気の犯罪者(女性)という設定でも成り立つような気がするのは気のせいだろうか(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:80%

20141231-1.jpg

カチンコhttp://www.finefilms.co.jp/skin/
posted by YUJI at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック