2014年10月18日

ザ・ドア 交差する世界 (2014/10/18鑑賞, VOD)

デンマークの俳優「マッツ・ミケルセン」主演で、パラレルワールドに迷い込んだ人間を待ち受ける運命を描いたドイツのSFサスペンス。事故で娘を亡くした主人公が、ある日「もうひとつの世界(過去)」に行くことができる扉を見つける。扉を抜けるとそこには生きた娘がいたのだが、その際にその時代にいる自分を殺してしまう。主人公は、この世界の自分になり替わり、人生をやり直そうとする・・・というお話。
タイムトラベルによくある特有の矛盾は沢山あるんだけれど、タイムトラベルできたのは「何故か?」という部分は完全に無視されて話は進んでいく。展開的には、いい話にもっていくのかなぁとおもいきや、途中からサスペンスというよりスリラーっぽい(笑)。字幕だけれど、ドイツ語のセリフに殆ど違和感を覚えることはなかったけれど、欧州系の映画ってなんか暗い・・・偏見かなぁ(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:65%

20141018-1.jpg

posted by YUJI at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック