2014年09月27日

記憶探偵と鍵のかかった少女 (2014/09/27鑑賞, 映画館)

「マーク・ストロング」主演、「ホルヘ・ドラド」監督で、記憶に潜入できる特殊能力をもつ探偵が、ある少女の記憶の謎に迫る姿を描いたミステリーサスペンス。ある事件をきっかけに休養中の記憶探偵が、現場復帰最初の仕事として、16歳の少女の記憶を探ってほしいとの依頼を受ける。しかし、ごく簡単な仕事のはずが、その16歳の少女の記憶で衝撃的な出来事の数々を知ることになる。これらの記憶の真相を探るため、調査を始めた記憶探偵に、奇妙なことが起き始める・・・という話。
ミステリーというより、サイコ的な作品の印象。最初の方のフリでオチはわかっちゃうし、キャストたちの演出で、そのオチの方向性も逆に分かりやすくなってる(笑)。最後まで見ても、若干消化不良な感じが否めない、少し残念な作品。ちなみに記憶がネタなので、現実世界の景色と記憶の景色を覚えておいて比べながら観ると面白いかも。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:60%

20140927-2.jpg

カチンコhttp://kiokutantei.asmik-ace.co.jp/
posted by YUJI at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック