2014年09月07日

ザ・マシーン (2014/09/07鑑賞, VOD)

アンドロイドが自分自身の生みの親である科学者の意思に従い、徐々に感情が芽生えていく姿を描く近未来SFアクション。中国と西側諸国が冷戦状態に陥った近未来が舞台。アンドロイドの研究をしていた科学者と助手の女性。ある日、中国側の暗殺者によって助手の女性が瀕死の重傷を負ってしまう。彼女を助けるため、科学者は、彼女の脳のデータをアンドロイドに移植する。アンドロイドは次第に人間の感情を学び始めるが、アンドロイドを殺人兵器にしたい上司はそれをよしとはせず、アンドロイドのデータを無感情なものに書き換えようとする・・・という話。
最初から最後まで予定調和的なストーリーなのである意味安心して観れるけれど、意外性がないのと、いろいろと知っておきたい情報が足りないような気がするのは、この作品の狙いだろうか? それらを描くために削れるシーンはもっとあったと思うけど(笑)。あっそれと、最後のシーンでいいたいことが俺には分からなかった。それにいても、確かに一応アクションはあるけれど、これをアクション映画といっていいんだろうか・・・。いや、嫌いじゃないけど。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:45%

20140907-1.jpg

カチンコhttp://www.themachine.jp/
posted by YUJI at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック