2014年08月16日

UFO −侵略− (2014/08/16鑑賞, VOD)

「ジャン・クロード・バン=ダム」出演のSFパニック映画。ある朝、異変に気がつくと、町の上空には巨大なUFOが出現。主人公らは、宇宙人の襲来を予見していた元特殊部隊兵士の叔父に助けを求めるが・・・というストーリー。
宣伝文句では、「ジャン・クロード・バン=ダム」演じる元特殊部隊が、UFOに対峙するSFアクション作品・・・ってことらしいのだが、正直看板に偽りあり。主人公は別の役者だと思う。「ジャン・クロード・バン=ダム」はもったいつけて出てきて、ちょっとだけ戦っていなくなる端役(笑)。それに、確かにアクションはあるけれど、ストーリー上なくてもいいじゃん。無理やりな感じがする。というより、この作品何をしたいのか分からん。しっかし最近観る映画は、聖書から引用した「地球最後の日」なネタ多いなぁ(笑)。
ふらふら地雷指数:120%

20140816-1.jpg

posted by YUJI at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック