2014年08月10日

CUBE (2014/08/10鑑賞, VOD)

「モーリス・ディーン・ホワイト」「ニコール・デボアー」「デイヴィッド・ヒューレット」「ニッキー・ガーダグニー」ら共演、「JM」に絵コンテライターとして参加していた「ヴィンチェンゾ・ナタリ」監督が自らの短編「Elevated」をベースに描き直したシチュエーションスリラー作品。内容的には、謎の立方体空間から脱出を図る男女の姿を描いている、そこになぜいるのかという理由さえ分からない不思議な作品。
舞台的には、延々と続く立方体の中をワナのある部屋を避けながら、ただひたすら進むという話なんだけれど、その分、個々の人物描写・心情描写を強く描いている作品。自分がこういう状況に陥ったら、口ばっかりで、一番役に立たないんだろうなぁと思わせる作品だった。どちらかというと小説向きで、正直派手さも、恐怖も強くはないけれど、なんか心に残る作品だった。ちょっと古いけれど、暇だったら見てもいいかも(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:35%

20140810-2.jpg

posted by YUJI at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック