2014年06月01日

ゼロ・ダーク・サーティ (2014/06/01鑑賞, VOD)

「ジェシカ・チャステイン」主演、「マーク・ボール」脚本、「キャスリン・ビグロー」監督で 2011年5月2日のアルカイダの指導者暗殺作戦を映画化したもの。CIAの女性分析官マヤを中心に、作戦に携わった人々の苦悩、使命感、執念を描いた内容
内容の是非については言及しないけれど、9・11関連の映画ではかなり良い出来だとは思う。きっとアメリカ人の心情を代弁した形なんだろうとは思う。ただ、長い・・・2時間30分。少なくとも1時間は短くできたと思う。観といてなんだけれど、このブログの趣旨には合わなそうなので地雷指数はパスしときます。これ関連の映画はもういいかな。
ふらふら地雷指数:--%

20140601-1.jpg

カチンコhttp://zdt.gaga.ne.jp/
posted by YUJI at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック