2014年05月29日

ワールド・オブ・ライズ (2014/05/29鑑賞, VOD)

「レオナルド・ディカプリオ」主演、「ラッセル・クロウ」共演、「リドリー・スコット」監督のスパイ・サスペンスドラマ。中東での対テロ殲滅作戦を行うCIA工作員が、米本部を含む現地の様々な組織と協力や反目をしながら活動し、ついにはテロ組織のリーダーにたどり着く・・・というストーリー。
題材としてはかなり重いものを扱っているんだけれど「ラッセル・クロウ」が極端に軽い(笑)。この人なら、いくらでも重くできるだろうに・・・。「ディカプリオ」も彼のせいではないけれど、作品のイメージに合わない気がする。それに、このエリアで「ディカプリオ」の顔で活動していたら怪しまれるでしょう(笑)。悪い脚本ではないけれど、映画的には盛り上がりどころないし、落ちがない感じ。ちなみに、この作品観ていると「ディカプリオ」もやっぱアカデミー賞とるのは、まだ遠いだろうなと思う(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:60%

20140529-2.jpg

カチンコhttp://wwws.warnerbros.co.jp/bodyoflies/
posted by YUJI at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック