2014年05月11日

トータル・リコール (2014/05/11鑑賞, VOD)

「アーノルド・シュワルツェネッガー」が主演の同名のSFアクションを「コリン・ファレル」主演、「レン・ワイズマン」監督でリメイクした作品。原作は、「フィリップ・K・ディック」の短編小説。環境が荒廃した近未来、主人公の男が記憶を売買するリコール社へ。その時突然、警官隊が襲来。主人公は思わぬ戦闘能力を発揮して窮地を脱する。やがて主人公は、自分が記憶をなくしていたことを知りながら戦いに巻き込まれていくという話。
舞台設定変わってるんだな・・・派手さはあるけれど、全体的にスケール感が落ちている気がする。ちなみに「コリン・ファレル」は格好いいんだけれど、若干「ニコラス・ケイジ」と同じ匂いがして感情移入できない(笑)。きっとこの役、シュワちゃんのようにムキムキの人が主役でリメイクした方が良かったような・・・世界を救うって感じがないし。でもまぁ、流石に原作の軸は押さえていると思ったのでこの評価。途中で出てきた変装シーンは、オマージュなのかパロディなのか苦笑するしかなかった。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:40%

20140511-1.jpg

カチンコhttp://bd-dvd.sonypictures.jp/totalrecall/
posted by YUJI at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック