2014年04月30日

リミットレス (2014/04/30, VOD)

「アラン・グリン」原作の人気小説「ブレイン・ドラッグ」を「ブラッドリー・クーパー」主演、「ロバート・デ・ニーロ」共演、「ニール・バーガー」監督で映画化したサスペンス。主人公のさえない男性が脳を100%活性化できるという薬を手に入れる。薬を服用し人生が一変し、ビジネス界に進出して株取引や投資で成功を収めるが、次第に恐ろしい副作用に襲われる、という話。
最初SFっぽいんだけど、途中からサスペンスに変わった。最後の結末は私が予想していたものとは随分違った。基本的に全編回想シーンなのだけれど、この手の映画はだいたい・・・ねぇ(笑)。しかし、100%とは言わなくても少し能力分けてほしい。ちなみに「ロバート・デ・ニーロ」はもっと悪い役で出てくると思ってた(笑)。そうそう、この映画では特殊な映像があるんだけれど、これには正直酔った。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:65%

20140430-3.jpg

posted by YUJI at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック