2014年04月30日

バーニング・クロス (2014/04/30鑑賞, VOD)

「タイラー・ペリー」主演、「マシュー・フォックス」共演で「ジェームズ・パターソン」の小説「アレックス・クロス」シリーズを映画化したクライムサスペンス作品。犯罪心理学の専門家で刑事部長が、連続殺人事件の捜査に乗り出し、プロファイリングを利用しながら犯人に迫る。しかし、犯人は狂気じみたプロの暗殺者と分かり、彼の家族に魔の手を伸ばす・・・という内容。
「優秀な刑事 対 プロの暗殺者」というサスペンスにありきたりの構図で、ストーリも最後がそれなりに読めた作品。だって・・・ネタばれなのでやめておこう(笑)。でも、無駄な派手さはなくて、それなりに楽しめたんだけど、暗殺者役の役者にあまり魅力を感じなかった。。あと、もう少しプロファイリング率を高くしてもよかったのかも。日本のポスターだと「ジャン・レノ」の顔写真と名前が大きく出てくるけれど、作品中じゃ友情出演程度しか出てこない。この役、彼である必要が全くない。本気でやるなら暗殺者役でしょう? どう考えても客寄せの出演(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:45%

20140430-1.jpg

posted by YUJI at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック