2019年07月27日

パージ:エクスペリメント (2019/06/14劇場公開)

「イラン・ノエル」主演、「レックス・スコット・デイビス」ら共演、「ジェイソン・ブラム」「マイケル・ベイ」ら共同プロデュースによる「パージ」(2013年)、「パージ:アナーキー」(2014年)、「パージ:大統領令」(2016年)に続く、1年に一晩、12時間だけ全ての犯罪が合法化される法律=「パージ法」がなぜアメリカで施行されることとなったかが描いたエピソード・ゼロ的な位置づけとなる「パージ」シリーズの第4作。1年に一晩だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法となる「パージ法」の採用が決まり、全米での適用前のテストとしてある島で実験的にパージ法を思考する。多くの島民が島外へと逃げる中、ギャングのボスである主人公は、自身のシマや愛する人を守るために島に残ることを決意する・・・という話。
先月公開の作品ですが、やっと地元の映画館にもかかっていたので鑑賞。1作品を観たときは、ストリー性を感じさせてくれない地雷映画と言うイメージがあったのですが、実は「ジェイソン・ブラム」「マイケル・ベイ」らが共同プロデュースという驚きの作品(笑)。新しい作品になるたびに、メジャー作品的にストリー付けされているようなのですが・・・今回はなぜかヒーロー映画っぽくなっています(笑)。個人的には1作目のくだらなさが好きでした(笑)。どこを目指しているのか・・・。
地雷指数:80%

20190727-1.jpg

🎬公式サイト (http://purge-exp.jp/)
🎬映画『パージ:エクスペリメント』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

チャイルド・プレイ (2019/07/19劇場公開)

「ガブリエル・ベイトマン」主演、「オーブリー・プラザ」ら共演、「マーク・ハミル」がチャッキーの声で出演、「ラース・クレブバーグ」監督、「セス・グラハム=スミス」「デビッド・カッツェンバーグ」製作で、1988年の公開以降、何度も製作されてきた、かわいらしい見た目とは裏腹に残忍な殺人を繰り返す恐怖の人形チャッキーを描いたホラー映画「チャイルド・プレイ」をリブートしたR15指定な作品。友達のいない少年が誕生日に人形をプレゼントされる。人形をチャッキーと名づけて一緒に暮らし始めた主人公の少年であったが、次第に周辺で異変が起こり始める・・・と言う話。
だいぶ今風にアレンジされていて、人形には音声認識センサーや高解像度画像認識機能、ネットワークサービスとの接続などの最先端の技術が盛り込まれていたりします。内容的にはご存じの通りなんですが、別な終わり方の方が良かったように思うのは私だけだろうか? ちなみに、チャッキーの声を演じたルーク・スカイウォーカーになにさせているんだか(笑)。でもマークハミル、楽しそう。この作品がDVD化した後でも、字幕でみないと楽しみ半減かも(笑)。
地雷指数:65%

20190720-2.jpg

🎬公式サイト (https://childsplay.jp/)
🎬映画 『チャイルド・プレイ』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーウェン (2019/07/19劇場公開)

「スティーブ・カレル」主演、「レスリー・マン」「ダイアン・クルーガー」ら共演、「ロバート・ゼメキス」監督で、過去に暴行を受けて心身ともに傷い、記憶を失った主人公が、現実と向き合う勇気を獲得する姿を描いた、実話をもとにしたヒューマンドラマ。5人の男たちから暴行を受け、瀕死の重症を負った主人公が復帰してはいるのだが、脳に障害を抱え、PTSDにも苦しんでいた。障害を抱えるまでは画家であった主人公だが、今はリハビリのためフィギュアの撮影を始め、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使った空想の世界を作り上げている・・・という話。
正直、映画冒頭の人形劇シーン?を見た瞬間、これはヤバいと思いましたが、テーマ的にはかなりしっかり見られる作品。ただ、周囲の暖かい支援に対する感謝の念を描くのであれば、もう少し現実世界を描いて欲しかった。楽しむ・・・のとは少し違ったジャンルでした。私には向いていない(笑)!?実は総指揮も俳優もかなり豪華な作品だったりします。
地雷指数:60%

20190720-1.jpg

🎬公式サイト (https://www.marwen-movie.jp/)
🎬映画『マーウェン』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする