2019年02月23日

THE GUILTY/ギルティ (2019/02/22劇場公開)

「ヤコブ・セーダーグレン」主演、「グスタフ・モーラー」監督で、第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞した、電話からの声と音だけで誘拐事件を解決していく、デンマークの異色サスペンス映画。過去のある事件をきっかけに明日に裁判を控えたの警察官であり、今日までの期間限定で緊急通報指令室のオペレーターを務めていた主人公が、今まさに誘拐されているというある女性からの通報を受ける。電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、主人公は事件に対処していくが・・・という話。
過去に公開された作品「フォーン・ブース」や「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」と言った作品にも共通するワンシチュエーションサスペンスな映画。このジャンルは派手さはないですが、かなり面白いと思います。電話のみを頼みに事件を解決していくので、主人公のみならず観客も電話から聞こえる音に集中していくので、かなり引き込まれていきます(笑)。ちなみにこの作品は、後半明らかになる事件の全容への転換がサスペンスとして優秀なのですが、最後まで見る限り明らかに「サスペンス」というよりも「人間ドラマ」な映画なんだと思います。
地雷指数:30%

20190223-2.jpg

🎬公式サイト(https://guilty-movie.jp/)
🎬映画『THE GUILTY/ギルティ』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリータ バトル・エンジェル (2019/02/22劇場公開)

「ローサ・サラザール」主演、「クリストフ・ワルツ」「ジェニファー・コネリー」「マハーシャラ・アリ」ら共演、「ジェームズ・キャメロン」脚本・製作、「ロバート・ロドリゲス」監督で、「木城ゆきと」のSF漫画「銃夢(ガンム)」を実写映画化したアクション作品。数百年後の世界、スクラップの山の中から脳だけが発見されたサイボーグの主人公の少女が、新たな体を与えられるが、自分の過去に関する記憶が失われていた。実はこの主人公の少女は、300年前に失われたはずの最終兵器であったことを知り、彼女を破壊し心臓である動力を奪うために送り込まれるアンドロイド達と驚異的な格闘スキルを使い戦っていくが・・・という話。
原作漫画の「銃夢(ガンム)」を見たこともないし、内容も知りませんでしたが、映画単品として楽しめる映画でした。予告を観ているときから感じていたのが、主人公のアンドロイドが人間と言うよりも合成により感じるアニメのキャラクターであるかのような違和感。後半、この見た目の違和感に意味のあることを感じさせる描き方に納得。ちなみに今回のストーリーはエピソード・ゼロな作品なので、若干の物足りなさはやむなし!?
地雷指数:40%

20190223-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/)
🎬『アリータ:バトル・エンジェル』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

ファースト・マン (2019/02/08劇場公開)

「ライアン・ゴズリング」主演、「クレア・フォイ」「ジェイソン・クラーク」「カイル・チャンドラー」ら共演、「デイミアン・チャゼル」監督、「ジョシュ・シンガー」脚本、「スティーブン・スピルバーグ」製作総指揮で、「ジェームズ・R・ハンセン」原作の「アームストロング」の伝記「ファーストマン」を原作に、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士が不退転の決意でプロジェクトに挑む姿を描いたドラマ作品。主人公の「アームストロング」の視点を通して、人類初の月面着陸という難業達成に向けての奮闘や月面着陸計画の意義に葛藤を描いていく・・・という伝記的なお話。
恐らくは、アカデミー賞を狙っていたと思われるアメリカ人の大好きそうな作品となっています。残念ながら「視覚効果賞」のみのノミネートだったみたいだけれど・・・。実際には、伝記というよりも人間ドラマ的な色の強い作品になるので、見やすいとは思います。ちなみに私はジャンルも主人公の俳優も苦手でした(笑)。個人的には最後の終わり方が尻切れ的に感じて、少しだけ物足りなさを感じる作品になってしまいました。
地雷指数:50%

20190209-2.jpg

🎬公式サイト (https://firstman.jp/)
🎬『ファースト・マン』本予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 20:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアマン (2019/02/08劇場公開)

「ジェイソン・モモア」主演、「アンバー・ハード」「ウィレム・デフォー」「ニコール・キッドマン」「ドルフ・ラングレン」ら共演、「ジェームズ・ワン」監督で、「ジャスティス・リーグ」の一員であるDCコミックス原作の「アクアマン」を主役に描くヒーローアクション作品。海底人の女王である母と灯台守である人間の父を両親に持つ主人公が、人類を征服しようと地上に攻め入る海底人との戦いに身を投じていく話。
「ジャスティス・リーグ」の時の「アクアマン」のイメージとは少し違うけれど、かなり面白い作品でした。特に海底や海底都市での映像はまさに圧巻。DCのキャラクターも、「ワンダー・ウーマン」「スーパーマン」「バットマン」「フラッシュ」に続けてどんどんキャラが立ってきているので面白くなってきている。今年以降のマーベル作品でのキャラクター入れ替えが結構逆転のチャンスになるかも。DC作品でもエンドロール時の次回予告?があるので最後まで席を立たずに楽しんで下さい。それにしても、「ウィレム・デフォー」「ニコール・キッドマン」「ドルフ・ラングレン」の出演作品って、いつの時代の映画なんだか(笑)。
地雷指数:30%

20190209-1.jpg

🎬公式サイト (http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/)
🎬映画『アクアマン』日本版予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 20:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする