2018年02月25日

スリー・ビルボード (2018/02/01劇場公開)

「ランシス・マクドーマンド」主演、「ウッディ・ハレルソン」「サム・ロックウェル」ら共演、「マーティン・マクドナー」監督で、2017年のベネチア国際映画祭での脚本賞、トロント国際映画祭での観客賞を受賞すしたヒューマン・ドラマ。何者かに娘を殺された主人公の主婦が、犯人を逮捕できない警察への抵抗として、抗議のために町はずれに巨大な広告看板を設置するが、それを快く思わない警察や住民と主人公の間に溝が生まれていく・・・と言う話。サスペンスっぽい話ではありますが、実際の映画では、様々な人間模様が描かれている作品です。そこを割り切って観ることが出来れば、楽しめる作品です。ただ思うに、個々の登場人物をみてみると、どいつもこいつもなんか普通じゃないです。これだけのメンツが揃えば、そりゃ揉める。起こる事件も常軌を逸しています(笑)。
地雷指数:50%

20180225-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/)
🎬映画『スリー・ビルボード』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 21:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

gifted ギフテッド (2017/11/23劇場公開)

「クリス・エバンス」主演、「マーク・ウェブ」監督で、数学の天才的な能力を持つ少女と、母親の死以降少女を引きとり普通の女の子として育てようとする叔父の間で繰り広げられるファミリードラマ。生まれて間もなく母親を亡くした少女は、独身の叔父と田舎の小さな町で暮らしていたが、少女に天才的な数学の才能があることが明らかになることで、状況が一変する。やがて少女と叔父の前に少女の祖母が現れ、英才教育を施すため養育権をめぐる訴訟を起こす。しかし、少女と共に暮らす叔父には、亡き姉から託されたある秘密があった・・・と言う展開の話。
これも恋愛映画と並び、私の苦手なジャンル。子供と動物ネタは反則です(笑)。ミステリーではないので、最初からエンディングが見えており、それに向かって、困難が立ちはだかるという定番の作品ではありますが、かなり泣かせにかかってます。まんまと策略にはまりそうになってしまいました(笑)。いい作品です。ちなみに、「キャプテン・アメリカ」の「クリス・エバンス」・・・いい味出しています(笑)。
地雷指数:40%

20180218-3.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/gifted/)
🎬映画『gifted/ギフテッド』予告 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 20:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルイの9番目の人生 (2018/01/20劇場公開)

「エイダン・ロングワース」(子役)、「ジェレミー・ドーナン」ら出演、「アレクサンドル・アジャ」監督で、9年で9度死にかけた不思議な少年の物語を描いた小説を映画化した作品。「ルイ」と言う名の少年が、生まれたときから毎年のように事故にあってきたが、ついには9歳の誕生日に崖から転落する事故に遭ってしまい、意識不明の重体になってしまう。担当医が少年を救おうとするが、両親や担当医ら周辺の人々の身に、不可解な出来事が次々と起こっていく・・・と言う話。
かなり序盤の展開で、オチが見えてしまうという分かりやすいサスペンス(スリラー?)な作品。「回想シーン」を多用しているので、少しずつネタばらしするはずの作品なんだろうけれど(笑)。ちなみに、この作品は「ホーンズ 容疑者と告白の角」の監督ということもあり、そういう雰囲気が感じられる作りになっていました(笑)。
地雷指数:65%

20180218-2.jpg

🎬公式サイト (http://louis9.jp/)
🎬映画『ルイの9番目の人生』予告 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレイテスト・ショーマン (2018/02/16劇場公開)

「ヒュー・ジャックマン」主演、「ザック・エフロン」「ミシェル・ウィリアムズ」ら共演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師の半生を描いたミュージカル作品。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねる主人公が、さまざまな個性をもつ人々を集めて興業を重ね、大きな成功をつかむが、その先には大きな波乱が待ち受けていた・・・と言う話。
個人的に苦手なジャンルで、やはり自分には合わないかなぁとおもいつつも、テンポのよい展開に最後まで飽きる事なく見続けることができました。展開的にはよくある話ではありますが、起承転結のしっかりした作品ですが、ミュージカルという形式が、そこを飽きずに見せてくれたような気がします。おすすめできる作品だと思います。ちなみに「ヒュー・ジャックマン」は、まだまだウルヴァリンのイメージ満載だけれど、今後はこういう作品続けていくと、少しずつウルヴァリンのイメージが払拭されていって、さらにいい役者になられるはずです(笑)。
地雷指数:40%

20180218-1.jpg

🎬公式サイト (http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/#/boards/showman)
🎬『グレイテスト・ショーマン』予告編 (YouTube - シネマトゥデイ)
posted by YUJI at 19:36| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

マンハント (2018/02/09劇場公開)

「チャン・ハンユー」「福山雅治」W主演、「ハ・ジウォン」「國村隼」ら共演、「ジョン・ウー」監督で、1976年に「高倉健」主演で映画化された「西村寿行」の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化したサスペンスアクション。殺人犯となってしまう罠にはめられ、察から逃亡を続ける製薬会社の顧問弁護士を、刑事が独自な捜査で追うが、その過程で弁護士による殺人に違和感を持つようになり、警察に引き渡さず、共に事件の真相を追うことを決意する・・・という話。
殆どの登場人物は日本人ですが、この作品は一応「ジョン・ウー」監督作品なので、いちおう洋画だよね(笑)。「ジョン・ウー」監督らしく、鳩とスローモーション満載の作品です。決して刑事ドラマではなく、サスペンスもそこそこに銃撃ちまくりのド派手なアクション作品です。日本の街中なのに(笑)。ちなみに誤解を恐れずに書かせていただくと、「福山雅治」という役者は、自分をキャラクターに寄せるタイプの役者ではなく、自分に近いキャラを巧く演じられるタイプの役者なんだなぁ・・・としみじみ感じました。個人的に、今回のキャラクターは、彼にはあまりあっていないかも・・・という印象を受けました。
地雷指数:70%

20180210-1.jpg

🎬公式サイト (http://gaga.ne.jp/manhunt/)
🎬マンハント』予告編 (シネマトゥデイ - YouTube)
posted by YUJI at 20:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする