2017年04月30日

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017/04/28劇場公開)

「ビン・ディーゼル」主演、「ドウェイン・ジョンソン」「ジェイソン・ステイサム」「カート・ラッセル」「シャーリーズ・セロン」ら共演で、ド派手なカークションを中心に展開する映画「ワイルド・スピード」シリーズの第8作。主人公がとある理由からファミリーを裏切り、そのファミリーと対決する。この対決のため、前作までファミリー最大の敵とも手を組み、対峙することになる・・・と言う話。
「昨日の敵は、今日の友」・・・って、お前は「ジャンプ」か(笑)!?と言う作品。というか、正直主役は「ドウェイン・ジョンソン」「ジェイソン・ステイサム」のようにも感じる作品になっています。他にも過去作の登場人物が沢山出てくるところを観ると、故「ポール・ウォーカー」が抜けた穴を埋めようと必死なんだろうなぁ。アクションとして面白いことは認めるとして、このシリーズの最初の頃とは別作品な感じがして・・・個人的にはとても残念。
地雷指数:55%

20170429-1.jpg

🎬公式サイト (http://wildspeed-official.jp/)
🎬映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 03:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

バーニング・オーシャン (2017/04/21劇場公開)

「マーク・ウォールバーグ」主演、「カート・ラッセル」「ジョン・マルコビッチ」ら共演、「ピーター・バーグ」監督で、人為的ミスや管理者と現場の人間の会社の確執が原因で起きてしまった、2010年に実際に起きたメキシコ湾沖の海底油田爆発事故を映画化した作品。石油掘削施設で、海底油田から逆流した天然ガスへの引火による大爆発が起こる最悪な状況の中、残された作業員たちが被害を食い止めるべく奔走し、決死の脱出を図る・・・と言う話。
実際の事件をもとに映画化した作品なのですが・・・基本的にはパニックムービーな内容です(笑)。おそらく、「現場の判断が正しい」「爆発後の当事者達の対応は最前を尽くしていた」が「結果どうにもならなかった」というあたりを描きたいんだろうけど、彼らの起こした行動が、そうしなかった時とどう違うのか分からないので、感動がしきれないというか・・・。個人的には・・・爆発後は何が何だか分かりません(笑)。
地雷指数:75%

20170422-1.jpg

🎬公式サイト (http://burningocean.jp/)
🎬映画『バーニング・オーシャン』特報 (YouTube)
posted by YUJI at 18:32| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

グレートウォール (2017/04/14劇場公開)

「マット・デイモン」主演、「ジン・ティエン」「ウィレム・デフォー」「アンディ・ラウ」ら共演、「チャン・イーモウ」監督で、万里の長城を舞台に繰り広げられる "謎の生物"(笑)との壮絶な戦いを描いた中国・アメリカ合作のアクション作品。強力な武器を求めて旅して万里の長城にたどり着いた傭兵達が、圧倒的な敵を前に団結して戦う軍隊に遭遇し、「信頼」という言葉をキーワードに彼らと戦うことになる・・・という話。
タイトルから中国の歴史ドラマと思い、予告もポスターも見ずに作品を観に行ったのですが・・・とんでもない、映像は「HERO」や「LOVERS」を匂わせつつ、デイモンvsエイリアンな作品です。ご注意ください(笑)!
ストーリーに期待せず、そういうつもりで観に行けば、アクションは結構楽しめます。中国俳優も結構豪華ですし・・・ただ心に何も残りません(笑)。
地雷指数:70%

20170414-1.jpg

🎬公式サイト(http://greatwall-movie.jp/)
🎬『グレートウォール』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 00:33| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ゴースト・イン・ザ・シェル (2017/04/07劇場公開)

「スカーレット・ヨハンソン」主演、「ピルウ・アスベック」「マイケル・ピット」「ジュリエット・ビノシュ」「ビートたけし」ら共演、「ルパート・サンダース」監督で、士郎正宗の真画を押井守監督が映画化した「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を、ハリウッドで実写映画化した作品。脳を残して全身が機械化された捜査官の女性が、サイバーテロ事件を発端に失われた記憶が呼び覚まされるが、そこには驚くべき過去が隠されていた・・・というお話。
実は、コミックも映画も知らない、まっさらな状況で観てきました。ネタバレになるので書きませんが、内容的には、ハリウッド映画にある良くある話で、あまり日本のコミックという感じないストーリーでした(笑)。あえて言えば、見所は描かれた未来感とアクション。その点ではそれなりに楽しめる作品になっていましたと思います。前情報のない人の方が楽しめるのかも知れません。ちなみに、この歪んだ日本感は、原作もそうなの(笑)?
地雷指数:60%

20170408-1.jpg

🎬公式サイト (http://ghostshell.jp/)
🎬『ゴースト・イン・ザ・シェル』“記憶にダイブ”本編映像 (YouTube)
posted by YUJI at 15:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする