2016年06月25日

ダーク・プレイス (2016/06/24劇場公開, 映画館)

「シャーリーズ・セロン」主演、「ニコラス・ホルト」「クロエ・グレース・モレッツ」ら共演、「ジル・パケ=ブレネール」監督・脚本で、「ギリアン・フリン」の小説「冥闇」を映画化した、一家殺人事件の唯一の生存者である主人公の女性が、事件の真相に迫っていく姿を描いたサスペンス作品。ある田舎町で親子3人の殺人事件が発生し、生き残った少女の証言によりその兄ベンが犯人として逮捕される。それから数十年、当時少女であった主人公の前に、有名事件の真相を語り合う「殺人クラブ」からの招待状が届き、これをきっかけに、主人公は事件の真相を探りはじめる・・・という話。
「ゴーン・ガール」の原作者による小説を基にした作品というだけあって、サスペンスとしては結構面白い。けれど、脚本とキャストの演技に関してはもう少し頑張って欲しかった感じ。個々の登場人物の描写がいまいち雑。個人的には母親の死の謎に迫る部分とかはもう少し丁寧に描いてくれると良かったかも。そのわりに、前半出てくる「殺人クラブ」・・・いったい何のために出てきたのかが謎(笑)。
地雷指数:55%

20160628-1.jpg

🎬http://dark-movie.jp/
🎬『ダーク・プレイス』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 14:15| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

トリプル9 裏切りのコード (2016/06/18劇場公開, 映画館)

「ケイシー・アフレック」「キウェテル・イジョフォー」「ウィンスレット」ら共演、「ジョン・ヒルコート」監督で、「999(トリプルナイン)」という職務中の警官が撃たれるという非常事態時に発せられるコードを利用して行われる強盗計画を描いたクライムアクション。元軍人と悪徳警官で構成されたチームメンバーが、チームのリーダーの子供を人質に採ったロシアンマフィアとの関係を断つため、コード「999(トリプルナイン)」を利用して、国土安全保障省の施設を襲う・・・という話。
最後まで「誰が主人公なんだ!?」という印象の残る、派手さもなければ、エンディング後のすっきり感がない作品でしたが、舞台となる地域の世界観がよく出ていると思うし、役者の演技も格好いいので、個人的には最近のクライムアクションの中ではそれなりに出来のいい作品という印象。ただ、「999(トリプルナイン)」というアイディアがいまいち生かしきれていない気がした(笑)。それにしても、ロシアンマフィアと悪徳警官のプロトタイプ感が半端ない(笑)。
地雷指数:45%

20160618-1.jpg

🎬http://999-movie.jp/
🎬【映画 予告編】 トリプル9 裏切りのコード (YouTube)
posted by YUJI at 12:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

10 クローバーフィールド・レーン (2016/06/17劇場公開, 映画館)

「メアリー・エリザベス・ウィンステッド」主演、「ダン・トラクテンバーグ」監督、「J・J・エイブラムス」プロデュースで、とある事情から1つのシェルターで共同生活をすることになる3人の男女の間で起こる様々な出来事を描いたパニックアクション(?)。ある日、事故に遭い気を失った主人公の女性が、見知らぬシェルターの中で目を覚ますと、そこには2人見知らぬ男がおり、この男達との謎の共同生活が始まる・・・という話。
ネタバレになるので、はっきりとは書けないのですが・・・この作品、パニックアクションなんですかね? 個人的な印象としてには、前半のサイコスリラー的な展開が続くと思ってたんですが、「実は・・・」という思いっきり予想外な展開の作品です。でも、それならばこのポスターだと駄目駄目じゃん。まぁ「J・J・エイブラムス」だからね(笑)。しかも、キャストとセットに全くお金をかけてないのに、そこに注ぎ込みますか。あとで観て、ズッコケてください(笑)。
地雷指数:90%

20160617-1.jpg

🎬http://10cloverfieldlane.jp/
🎬映画『10 クローバーフィールド・レーン』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 22:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

ノック・ノック (2016/06/11劇場公開, 映画館)

「キアヌ・リーブス」主演、「イーライ・ロス」監督で、理想的な家庭を持つ父親が、一晩の快楽の誘惑から破滅へと突き落とされる様を描いたサイコスリラー。家族と離れ、1人留守番をすることとなった主人公が、ある大雨の晩、ノックの音に玄関のドアを開けると、そこにはずぶ濡れになった2人の若い女性が立っていた。親切心から家の中へ招き入れた主人公であったが、彼女たちの誘惑に負け、一夜をともにしてしまうが、その結果・・・という話。
基本、エロ親父がSMで女王様にいたぶられる感じの作品(笑)。ちょっと真面目な話をすると、基本的に動機が分からないのに、ここまでされる!?というサイコスリラーなわけなんですが、途中劇場内で笑いが起きていました。観ていて、あまりいい感じの残る作品ではないです。ちなみに、この作品の「キアヌ・リーブス」は、だいぶカッコ悪い。なぜこの作品に出たの(笑)!? でもこの人、こういう巻き込まれ型の作品の方が絶対にあっていると思う。
地雷指数:75%

20160612-2.jpg

🎬http://knockknock-movie.jp/
🎬映画『ノック・ノック』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 14:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネーモンスター (2016/06/10劇場公開, 映画館)

「ジョージ・クルーニー」が司会者、「ジュリア・ロバーツ」がディレクターで共演し、「ジョディ・フォスター」監督で、株の情報操作によって全財産を失った男により、テレビの経済番組がジャックされたシーンから始まるリアルタイムサスペンス。財テク情報番組「マネーモンスター」の生放送中、見慣れない男が突然拳銃を振りかざし、主人公の司会者を人質に番組をジャックする。財産を失ったと訴える犯人の男の言葉から、自身が誤った情報を発信していたことに気付いた主人公は、やがてディレクターの女性と協力し、ウォール街の闇を暴くために動き始める・・・という話。
「投資は事故責任で!」とか、どうせ「ジョージ・クルーニーが犯人でしょ?」とかいう作品かと思っていたら、いい意味で期待を裏切ってくれるサスペンスで、かなり面白い映画でした。生放送の番組中の出来事というシチュエーション物の作品というのもいい。あえて言えば、プログラマーやハッカーの下り。あそこまで思わせぶりに扱うのであれば、もう少し使い方があった気もするけど、この内容ならありかも・・・とか感じました。それにしても、最近の「ジョージ・クルーニー」は「エクスペンダブルズ」に出てくる「アントニオ・バンデラス」にキャラがかぶって感じているのは、私の気のせいだろうか(笑)。
地雷映画:35%

20160612-1.jpg

🎬http://www.moneymonster.jp/splash/
🎬映画『マネー・モンスター』日本版予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 14:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

6/初〜7/末にかけての上映予定の作品

今月、来月に公開される作品を紹介します。アカデミー賞作品の公開ラッシュ後の一段落の時期を過ぎ、公開作品がだいぶ増えてきました。個人的に新しい車を入手したので、鑑賞可能な作品が少なくなることが予想されます。観たい作品も多いので、板挟みになっています(笑)。

[6/初〜7/末にかけての上映予定作品]
●デッドプール(6/1)
●サウスポー(6/3)
 その女諜報員 アレックス(6/4)
 アウトバーン(6/10)
 シークレット・アイズ(6/10)
●マネーモンスター(6/10)
 エクス・マキナ(6/11)
 シチズンフォー スノーデンの暴露(6/11)
▲ノック・ノック(6/11)
 10 クローバーフィールド・レーン(6/17)
 THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション(6/18)
●トリプル9 裏切りのコード(6/18)
 ダーク・プレイス(6/24)
 エクストラクション(6/25)
 THE WAVE ザ・ウェイブ(6/25)
▲アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅(7/1)
●ウォークラフト(7/1)
▲疑惑のチャンピオン(7/2)
 ネイビーシールズ オペレーションZ(7/2)
●インデペンデンス・デイ リサージェンス(7/9)
 死霊館 エンフィールド事件(7/9)
 スクリーム・ガールズ 最後の絶叫(7/9)
 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(7/22)
●ターザン:REBORN(7/30)

 ●:鑑賞予定の作品
 ▲:鑑賞未定の作品

以上
posted by YUJI at 20:40| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 5月の鑑賞作品

先月鑑賞した映画をまとめておきます。5月は全部で 6本(うち、映画館:4本)。今年はこれで全32本(うち、映画館:29本)。今月は、これといって楽しみにしていた映画は公開されていなかったのですが、その分、普段観ないジャンルの作品も観てみました。でもやっぱり向いてない。やっぱりB級アクションがいいです(笑)。

【2016年 5月】 6本
[映画館] 4本
 ヘイル、シーザー!(5/15)
 ハロルドが笑う その日まで(5/21)
 スノーホワイト 氷の王国(5/28)
 エンド・オブ・キングダム(5/29)

[VOD] 2本
 エンド・オブ・キングダム(5/28)
 スノーホワイト(5/28)

今さらブログを観直そうという人はいないかもしれないけれど、上の日付で探すと私の紹介記事がすぐに見つかるかも。

---------------------------------------
【2016年 5月】 6本 (うち、映画館: 4本)
【2016年 4月】 9本 (うち、映画館: 8本)
【2016年 3月】 5本 (うち、映画館: 5本)
【2016年 2月】 7本 (うち、映画館: 7本)
【2016年 1月】 5本 (うち、映画館: 5本)
---------------------------------------
【2015年】  156本 (うち、映画館:61本)
【2014年】  322本 (うち、映画館:48本)
【2013年】    7本 (うち、映画館: 5本)
---------------------------------------

以上
posted by YUJI at 20:21| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

デッドプール (2016/06/01劇場公開, 映画館)

「ライアン・レイノルズ」主演、「ティム・ミラー」監督で、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した毒舌家で自己中心的という型破りなアンチヒーローのデッドプールを主役に描くアクション作品。ガンで余命宣告をうけた元傭兵の主人公が、ガンを治せると誘われた人体実験を受け、病気からの回復のみならず、驚異的な治癒能力と不死の肉体を得る。しかし、代償として醜い身体に変えられてしまった主人公は、その姿を隠すため、赤いコスチュームを身にまとった「デッドプール」となり、自分自身に人体実験を施したある男の行方を追う・・・という話。
面白いけれど、個人的にはなんか違う(笑)。タイミングの都合で「吹替版」で観ましたが、おそらく言葉や国民性で感じ方が随分違うはず。事前に聞いていたほどの下ネタじゃなかったのは、「字幕版」ではなかったせいかも(笑)。内容的には、基本ミュータントな戦いなので、コメディチックな「X-MEN」になります。でもシリアスに描いたらウケないんだろうなぁ。個人的には映画の最後の方で流れる「ワム!」の音楽がツボでした(笑)。それと・・・お決まりのシーンがあるので、最後まで観てやってください。不覚にも吹いてしまった。
地雷指数:40%

20160604-2.jpg

🎬http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/
🎬映画『デッドプール』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 16:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウスポー (2016/06/03劇場公開, 映画館)

「ジェイク・ギレンホール」主演、「フォレスト・ウィテカー」「レイチェル・マクアダムス」ら共演、「アントワン・フークア」監督で、妻の死という絶望の淵から再起しようとするボクシング元世界チャンピオンの努力と残された娘との絆を描いたドラマ作品。ボクシングの世界チャンピオンにまで上り詰めた主人公が、パーティーでの乱闘騒ぎの場で妻を死なせてしまい、一時はプロボクサーのライセンスを剥奪されてしまう。結果、娘を養護施設に引き取られることになってしまった主人公は、娘を取り戻し、再び一緒に暮らすために、過去の自分と向き合いながら、再起をかけ再びリングへ上がる・・・という話。
ボクシング部分の描写を大目に見てあげれば、どん底から這い上がる主人公と家族の姿を描いた人間ドラマとしては、ド定番な展開ながら、特に大きな期待をしていなかった分、かなり楽しめる作品だと思います。前半のチャンピオンである時のシーンが少し長く感じたのと、途中に「このエピソードいる!?」という部分はあったけれど、それはご愛敬。最後は、油断すると「うるっ」とくるであろう内容でした(笑)。
地雷指数:40%

20160604-1.jpg

🎬http://southpaw-movie.jp/
🎬映画『サウスポー(原題: Southpaw)』 ( 2015年公開 ) 予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 13:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする