2016年02月29日

第88回アカデミー賞

昨日の「ゴールデン・ラズベリー賞」に続き、本日「アカデミー賞」の受賞作品の発表がありました。個人的に注目したい点は大きく 3つです。
・ついに、「レオナルド・ディカプリオ」が主演男優賞を受賞(笑)。
・「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が 6つの賞を受賞。
 − 編集賞
 − 美術賞
 − 衣装デザイン賞
 − メイキャップ&ヘアスタイリング賞
 − 録音賞
 − 音響効果賞
・「シルヴェスター・スタローン」が助演男優賞の受賞を逃す(笑)。
それと意外だったのは、「レヴェナント:蘇えりし者」が前評判を大きく裏切り、作品賞を逃したことですかね。

第88回アカデミー賞    ☆:大賞受賞

■作品賞
  マネー・ショート 華麗なる大逆転
  ブリッジ・オブ・スパイ
  Brooklyn
  マッドマックス 怒りのデス・ロード
  オデッセイ
  レヴェナント:蘇えりし者
  ルーム
 ☆スポットライト 世紀のスクープ

■監督賞
  レニー・エイブラハムソン(ルーム)
 ☆アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(レヴェナント:蘇えりし者)
  アダム・マッケイ(マネー・ショート 華麗なる大逆転)
  ジョージ・ミラー(マッドマックス 怒りのデス・ロード)
  トーマス・マッカーシー(スポットライト 世紀のスクープ)

■主演男優賞
  ブライアン・クランストン(Trumbo)
  マット・デイモン(オデッセイ)
 ☆レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント:蘇えりし者)
  マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)
  エディ・レッドメイン(リリーのすべて)

■主演女優賞
  ケイト・ブランシェット(キャロル)
 ☆ブリー・ラーソン(ルーム)
  ジェニファー・ローレンス(Joy)
  シャーロット・ランプリング(さざなみ)
  シアーシャ・ローナン(Brooklyn)

■助演男優賞
  クリスチャン・ベール(マネー・ショート 華麗なる大逆転)
  トム・ハーディ(レヴェナント:蘇えりし者)
  マーク・ラファロ(スポットライト 世紀のスクープ)
 ☆マーク・ライランス(ブリッジ・オブ・スパイ
  シルヴェスター・スタローン(クリード チャンプを継ぐ男)

■助演女優賞
  ジェニファー・ジェイソン・リー(ヘイトフル・エイト)
  ルーニー・マーラ(キャロル)
  レイチェル・マクアダムス(スポットライト 世紀のスクープ)
 ☆アリシア・ヴィキャンデル(リリーのすべて)
  ケイト・ウィンスレット(スティーブ・ジョブズ)

さて、来年の授賞式では何がとるんでしょうね!?

以上
posted by YUJI at 19:46| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

第36回ゴールデンラズベリー賞

日本時間の今日、遂に2015年公開作品の「ゴールデン・ラズベリー賞」が発表になりました。結果としては、ほぼ全ての賞を「ファンタスティック・フォー」と「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が独占する形となりました。「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は観ていないのでなんともいえませんが、「ファンタスティック・フォ」については納得。それと「アカデミー賞」にノミネートされた「シルヴェスター・スタローン」は「リディーマー賞(ラジー賞の常連から復活した人)」を受賞しています。・・・らしくない(笑)。

ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)とは?
以前はB級映画(最低映画)が各部門受賞をしていたが、最近は実績があるにも関わらず、どうしようもない役柄を演じてしまった俳優や、前評判と実際の出来のギャップが著しい大作などが受賞する場合もあります(笑)。


第36回ゴールデンラズベリー賞    ☆:大賞受賞

■作品賞
 ☆ファンタスティック・フォー
 ☆フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
  ジュピター
  モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
  ピクセル

■監督賞
  アンディ・フィックマン(モール・コップ ラスベガスも俺が守る!)
  トム・シックス(The Human Centipede III)
  サム・テイラー=ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
 ☆ジョシュ・トランク(ファンタスティック・フォー)
  ウォシャウスキー兄弟(ジュピター)

■主演男優賞
  ジョニー・デップ(チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密)
 ☆ジェイミー・ドーナン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  ケヴィン・ジェームズ(モール・コップ ラスベガスも俺が守る!)
  アダム・サンドラー(靴職人と魔法のミシン、ピクセル)
  チャニング・テイタム(ジュピター)

■主演女優賞
 ☆ダコタ・ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  キャサリン・ハイグル(ホーム・スイート・ヘル キレたわたしの完全犯罪)
  ミラ・クニス(ジュピター)
  ジェニファー・ロペス(戦慄の誘惑)
  グウィネス・パルトロウ(チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密)

■助演男優賞
  チェヴィー・チェイス(オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2、お!バカんす家族)
  ジョシュ・ギャッド(ピクセル、The Wedding Ringer)
  ケヴィン・ジェームズ(ピクセル)
  ジェイソン・リー(Alvin and the Chipmunks: The Road Chip)
 ☆エディ・レッドメイン(ジュピター)

■助演女優賞
 ☆ケイリー・クオコ(Alvin and the Chipmunks: The Road Chip、The Wedding Ringer)
  ルーニー・マーラ(PAN ネバーランド、夢のはじまり)
  ミシェル・モナハン(ピクセル)
  ジュリアン・ムーア(Seventh Son)
  アマンダ・セイフライド(Love the Coopers、PAN ネバーランド、夢のはじまり)

ちなみに、明日は賞レースのメイン「アカデミー賞」の発表です。楽しみですね。

 2/28(現地時間) : 第88回アカデミー賞授賞式

以上
posted by YUJI at 21:24| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

ヘイトフル・エイト (2016/02/27公開, 映画館)

「サミュエル・L・ジャクソン」「カート・ラッセル」「ジェニファー・ジェイソン・リー」「ウォルトン・ゴギンズ」「デミアン・ビチル」「ティム・ロス」「マイケル・マドセン」「ブルース・ダーン」ら出演、「クエンティン・タランティーノ」監督で、閉ざされたロッジで繰り広げられる密室ミステリーを描いた西部劇。全員が嘘をついているという男女8人が雪嵐のため山小屋に閉じ込められ、そこで起こる殺人事件をきっかけに意外な真相が明らかにっていく・・・という内容。
ミステリーと言うよりも、コメディーっぽい印象でした。個人的には「タランティーノ」作品がはまらないので、3時間近い上演時間は苦痛な時間で、この内容なら前半をなくして、1時間近く短縮しても良かったような気がしたのですが、私だけでしょうか。個人的に作品の言いたいことも伝わらなかったので、アカデミー賞にノミネートされたのが不思議なところです。ちなみに、グロいシーンが盛りだくさんなので、彼女を連れて観に行くことは・・・お勧めできません(笑)。
地雷指数:80%

20160227-2.jpg

🎬http://gaga.ne.jp/hateful8/
🎬映画『ヘイトフル・エイト』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 21:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ブリザード (2016/02/27公開, 映画館)

「クリス・パイン主演」主演、「エリック・バナ」「ケイシー・アフレック」ら共演、「クレイグ・ギレスピー」監督で、アメリカ沿岸警備隊史上もっとも偉大な救出劇「SSペンドルトン号の救出劇」を映画化したパニックアクション。史上最大級のブリザードに襲われ、巨大タンカーが真っ二つに裂け沈没直前の状態で取り残された生存者を救出するため、小型救助艇に乗り 4人の沿岸警備隊が出動する・・・という話。
何故か周辺の映画館では 3Dしかやっていなかったのですが、折角なので観てきました。3Dなので字幕は疲れました(笑)。ちなみに苦手なディズニー映画ですが、内容的には普通のハリウッド映画です。それに、たぶん史実を基にしているという意味では、同じ海を扱った「白鯨との戦い」より数段いいんじゃないだろうか(笑)。助ける側と助けられる側を同時並行で描き、各々が最善を尽くす姿を描く展開が、非常にテンポ良く感じられるいい作品です。
地雷指数:35%

20160227-1.jpg

🎬http://www.disney.co.jp/movie/bzd.html
🎬映画『ザ・ブリザード』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 12:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

X-ミッション (2016/02/20公開, 映画館)

「パトリック・スウェイジ」「キアヌ・リーブス」出演、「キャスリン・ビグロー」監督による「ハートブルー」を「エドガー・ラミレス」「ルーク・ブレイシー」出演、「エリクソン・コア」監督でリメイクしたエクストリームスポーツが多数登場するアクション作品。元アスリートのFBI捜査官が、特異なスキルを駆使した犯罪を繰り返している組織への潜入捜査を行う。潜入に成功した捜査官は、その組織のリーダーや仲間たちと行動を共にするうち、信頼と友情が芽生え始めるが・・・という話。
ようするに、車ではなくエクストリームスポーツを題材にした「ワイルド・スピード」(2001年)です。私は「ハートブルー」(1991年)を観たことがないので実際のところはわかりませんが、前作の流れを踏襲しているのでなければ、「ワイルド・スピード」はおそらくパクッテ・・・じゃない、オマージュしています(笑)。基本的にはエクストリームスポーツのイメージビデオというか環境ビデオのようだけれど、アクションシーンの多くがCGじゃなくてスタントというのもいい・・・あっこれも一緒か(笑)。でも何も考えずに楽しく観ることはできました。
地雷指数:40%

20160221-1.jpg

🎬http://wwws.warnerbros.co.jp/xmission/
🎬映画 『X-ミッション』本予告【HD】 (YouTube)
posted by YUJI at 12:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ドラゴン・ブレイド (2016/02/12公開, 映画館)

「ジャッキー・チェン」主演・製作・アクション監督、「ジョン・キューザック」「エイドリアン・ブロ ディ」ら共演、「ダニエル・リー」監督で、中国・シルクロードを舞台に、ローマ帝国軍と中国軍の激闘を描いた史実を基にした歴史アクション。反逆者の汚名を着せられた警備隊司令官が、流刑の地で同じく反逆の汚名により命を狙われているローマ帝国の将軍と出会い友情を深め合う。そんな中、中国侵略を目論むローマ帝国の大軍勢が攻め込んでくる・・・という話。
舞台はシルクロードですが、結局内容はジャッキー映画です。エンディングロール中のNGシーンも踏襲しています。何よりハリウッド映画と違って、エンドクレジットが短いのがいい。内容については・・・期待しちゃいけません。まぁ銃を撃ちまくるアクション映画ではないのが救い(笑)。ところで、好きな俳優でもある「ジョン・キューザック」ですが、歴史ものには向いてないかも・・・。ちなみにどーでもいいですが、ジャッキー映画だけは絶対に吹き替え版派です(笑)。当然、今日も吹き替え版で鑑賞。
地雷指数:70%

20160214-2.jpg

🎬http://dragon-blade.com/
🎬映画『ドラゴン・ブレイド』インタビュー特報 (YouTube)
posted by YUJI at 19:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティーブ・ジョブズ (2016/02/12公開, 映画館)

「マイケル・ファスベンダー」主演、「ケイト・ウィンスレット」「セス・ローゲン」ら共演、「ダニー・ボイル」監督で、「ウォルター・アイザックソン」による作品「スティーブ・ジョブズ」をもとに、彼の生き様を描いた伝記ドラマ。「Macintosh」「NeXT Cube」「iMac」という3つの新作発表会前の短い時間にスポットを当て、ジョブズの信念を貫き通そうとする姿を描くとともに、妻や娘との確執を描くことで、彼の素顔を描いた作品。
大きく3つに分かれた独特の描き方で、正直映画として大衆受けする作品ではない(笑)。でも彼を描いた幾つかある作品の中では、個人的に一番面白い。大衆受けさせるだけであれば、発表会シーンを描いたほうが正解なのかもしれないけれど、この作品ではそれをやらなくてたぶん正解だったと思う。でもこれ、だいぶ「マイケル・ファスベンダー」のおかげというのもあるんじゃないだろうか(笑)。
地雷指数:35%

20160214-1.jpg

🎬http://stevejobsmovie.jp/
🎬『スティーブ・ジョブズ』特別映像 (YouTube)
posted by YUJI at 12:41| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

2/初〜3/末にかけての上映予定の作品

今月に入って既に 2本鑑賞済みですが、今月・来月に公開される作品を紹介します。アカデミー賞に近い作品は・・・ないかな(笑)。でも粒ぞろい。受賞候補作品は、4月以降の公開になるようです。

[2/初〜3/末にかけての上映予定作品]
 ザ・ラスト・ウォーリアー(2/2)
 ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ(2/2)
●オデッセイ(2/5)
●ザ・ガンマン(2/6)
▲マギー(2/6)
▲スティーブ・ジョブズ(2/12)
 ドラゴン・ブレイド(2/12)
 ゾンビ・スクール(2/13)
●SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁(2/19)
●X-ミッション(2/20)
 ディスクローザー(2/20)
 エイリネイト 侵略地区(2/23)
●ザ・ブリザード(2/27)
●ヘイトフル・エイト(2/27)
 ディバイナー 戦禍に光を求めて(2/27)
▲マネー・ショート 華麗なる大逆転(3/4)
 オートマタ(3/5)
▲Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(3/18)
●バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(3/25)
 砂上の法廷(3月公開予定)

 ●:鑑賞予定の作品
 ▲:鑑賞未定の作品

以上
posted by YUJI at 21:17| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月の鑑賞作品

少し遅くなりましたが、先月鑑賞した映画をまとめておきます。1月は全 5本(うち、映画館:5本)。これまでVODを観ていた時間を別な趣味に割いたために、本数としてはぐっと減っています。この辺の作品は、昨年海外で公開されている作品ですが、アカデミー賞は・・・難しいですかね(笑)。

【2016年 1月】 5本
[映画館] 5本
01/10 ブリッジ・オブ・スパイ
01/17 白鯨との闘い
01/24 エージェント・ウルトラ
01/24 ザ・ウォーク
01/31 ブラック・スキャンダル

[VOD] 0本

今さらブログを観直そうという人はいないかもしれないけれど、上の日付で探すと私の紹介記事がすぐに見つかるかも。

---------------------------------------
【2016年 1月】 5本 (うち、映画館: 5本)
---------------------------------------
【2015年】  156本 (うち、映画館:61本)
【2014年】  322本 (うち、映画館:48本)
【2013年】    7本 (うち、映画館: 5本)
---------------------------------------

以上
posted by YUJI at 21:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オデッセイ (2016/02/05公開, 映画館)

「マット・デイモン」主演、「リドリー・スコット」監督で、「アンディ・ウィアー」の小説「火星の人」を映画化し、火星にひとり取り残された宇宙飛行士の姿を描いたSFサバイバル映画。火星で嵐に巻き込まれて死亡したとされた主人公が、奇跡的に死を免れていたが、酸素や食料・水もない絶望的環境で、次の探査船がくるまであらゆる手段を尽くして生き延びようとする・・・という話。
「諦めるな」ということ以外は何も伝わってこない作品ですが、これが非常に面白い。私的にはお勧めかな。しかもこの映画、かなり重い話だと思うんだけれど、「マット・デイモン」の演技と音楽のノリが非常に軽いので救われている感じです(笑)。ザ・ハリウッドな作品ですね。中国の資本が絡んでいる!?と思わなくもないけれど・・・。まぁ、これからはこういう作品が増えてくんでしょう。
地雷指数:35%

20160207-2.jpg

🎬http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/
🎬映画『オデッセイ』オンライン限定予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 19:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする