2016年01月31日

ブラック・スキャンダル (2016/01/30公開, 映画館)

「ジョニー・デップ」主演、「ジョエル・エドガートン」「ベネディクト・カンバーバッチ」ら共演、「スコット・クーパー」監督で、FBI史上最高の懸賞金をかけられた実在の凶悪犯の姿を描いたクライムドラマ。1970年代のアメリカで、あるFBI捜査官がマフィアのボスである主人公に個々の地益のための共闘を持ちかけるが、主人公のマフィアは絶大な権力の恩恵を傘に着て、最も危険なギャングへとのし上がっていく・・・という話。
事前の映像から重厚なイメージがあったので、面白いマフィア/ギャング映画がみられると思っていたら、かなり小者感の強い映画でした。この線で描くのなら、もう少し舞台となる街をしっかりと描けば良かったのに・・・。テーマの1つと思われる、仲間の繋がりの強さが感じられなかったのは私だけだろうか(笑)。それにしても、予告やCMの映像には偽りありだと思う。政治家の「ベネディクト・カンバーバッチ」は、チョイ役でメインストーリーに全く絡んでこないし、とてもおいしい役です(笑)。
地雷指数:50%

20160131-1.jpg

🎬https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/
🎬映画『ブラック・スキャンダル』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 14:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

ザ・ウォーク (2016/01/23公開, 映画館)

「ジョセフ・ゴードン=レビット」主演、「ロバート・ゼメキス」監督で、ワールドトレードセンターでの綱渡りを行った男の物語を映画化した作品。'70年代当時世界一の高さであった商業ビルで、大道芸人の主人公がビルの間を、命綱なしのワイヤーロープ1本で綱渡りに挑む・・・という話。
当たり前ですが、基本綱に渡りするだけの映画です(笑)。その為に数人の仲間たちが、暴挙ともいえるこの作戦に参加していく・・・という、若干「ミッション・インポッシブル」みたいな感じになっているけれど、仲間の扱いが、だいぶおざなりになってました。ちなみにこの作品、2D字幕でみたのですが、3Dで観るべき作品のようです。確かにビルに張られたワイヤーロープから見せる風景はすごい・・・けれど、そこしかありません(笑)。
地雷指数:60%

20160124-2.jpg

🎬http://www.thewalk-movie.jp/
🎬映画『ザ・ウォーク』予告1 (YouTube)
posted by YUJI at 14:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エージェント・ウルトラ (2016/01/23公開, 映画館)

「ジェシー・アイゼンバーグ」「クリステン・スチュワート」共演で、CIAのマインドコントロール・プログラム「MKウルトラ計画」を題材に描いた、アクションコメディ。ある日、ダメ男であったはずの主人公が、コンビニでのバイト中にある女性から謎の暗号を聞かされたことにより、眠っていた能力が覚醒し、あっという間に2人の暴漢を倒してしまう。その理由は、主人公が CIAの極秘計画で生まれたエージェントだったためで、彼を生んだ計画の封印を目論む CIAに命を狙われてしまう・・・という話。
アクションコメディらしいので、もっと笑いの多いふざけた作品かと思っていたら、結構がっちりとしたアクション。ちまたの地雷映画に比べれば、だいぶまともに感じるかも(笑)。あと、翻訳のせいなのかもしれないけれど、ネタはかなり受け狙いのものが感じられたんだけれど、はじけ切れていないという印象。狙いどころが分かりません(笑)。
地雷指数:45%

20160124-1.jpg

🎬http://agent-ultra.jp/
🎬映画『エージェント・ウルトラ』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 11:37| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

白鯨との闘い (2016/01/16公開, 映画館)

「クリス・ヘムズワース」主演、「ベンジャミン・ウォーカー」「キリアン・マーフィ」「ベン・ウィショー」ら共演、「ロン・ハワード」監督で、ノンフィクション小説「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をもとに、巨大な白鯨に襲われた捕鯨船の乗組員たちの死闘を描いた作品。捕鯨船で漁をしていた主人公達の前に巨大な白鯨が現れ、激闘の末に船を沈められてしまい、小さなボートでわずかな食料と飲料水だけを頼りに漂流生活を余儀なくされる・・・と言う話。
「クリス・ヘムズワース」が銛を撃つと、10頭くらいの鯨が気絶して水面に浮かぶような作品かと思ったら(笑)、意外に鯨との格闘シーンの少ない、綺麗事だけじゃないよと言う面を真摯に描いたいい作品でした。ただ、元乗組員の回想シーンとして描き、その冒頭で「主人公である一等航海士と新人船長の物語」・・・という感じで始まるのですが、ほぼ「クリス・ヘムズワース」だけを描いた作品になっていました(笑)。もう少し丁寧に新人船長の心情の変化を描くといいのになぁという印象。そのために、ラストシーンが綺麗に終わってはいるけれど、必然性が感じられない終わり方になってしまっているのが残念でした。
地雷指数:40%

20160117-1.jpg

🎬http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie/
🎬映画 『白鯨との闘い』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 20:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

第88回アカデミー賞 ノミネーション発表

まだ日本では公開されていないけれど、「レヴェナント:蘇えりし者」が総なめしそうな雰囲気。でも、主演男優賞候補の「レオナルド・ディカプリオ」がノミネートされているけど・・・きっととれない(笑)。それにしても、「スターウォーズ フォースの覚醒」は玄人受けしないんですね。あと「シルヴェスター・スタローン」は、驚きのゴールデンラズベリー賞ではなく、こちらでノミネート。ぜひ、あげてください(笑)。

以下に、主な賞のノミネートを紹介。  <☆の部分は私の受賞作品の予想(笑)>

■作品賞
  マネー・ショート 華麗なる大逆転
  ブリッジ・オブ・スパイ
  Brooklyn
  マッドマックス 怒りのデス・ロード
  オデッセイ
 ☆レヴェナント:蘇えりし者
  ルーム
  スポットライト 世紀のスクープ

■監督賞
  レニー・エイブラハムソン(ルーム)
  アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(レヴェナント:蘇えりし者)
  アダム・マッケイ(マネー・ショート 華麗なる大逆転)
 ☆ジョージ・ミラー(マッドマックス 怒りのデス・ロード)
  トーマス・マッカーシー(スポットライト 世紀のスクープ)

■主演男優賞
  ブライアン・クランストン(Trumbo)
  マット・デイモン(オデッセイ)
  レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント:蘇えりし者)
 ☆マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)
  エディ・レッドメイン(リリーのすべて)

■主演女優賞
  ケイト・ブランシェット(キャロル)
  ブリー・ラーソン(ルーム)
  ジェニファー・ローレンス(Joy)
  シャーロット・ランプリング(さざなみ)
  シアーシャ・ローナン(Brooklyn)

■助演男優賞
  クリスチャン・ベール(マネー・ショート 華麗なる大逆転)
  トム・ハーディ(レヴェナント:蘇えりし者)
  マーク・ラファロ(スポットライト 世紀のスクープ)
  マーク・ライランス(ブリッジ・オブ・スパイ)
 ☆シルヴェスター・スタローン(クリード チャンプを継ぐ男

■助演女優賞
  ジェニファー・ジェイソン・リー(ヘイトフル・エイト)
  ルーニー・マーラ(キャロル)
  レイチェル・マクアダムス(スポットライト 世紀のスクープ)
  アリシア・ヴィキャンデル(リリーのすべて)
  ケイト・ウィンスレット(スティーブ・ジョブズ)

他の「撮影賞」は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、「編集賞」は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、視覚&音響&音響関連の賞はやっぱり「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がとることを予想。

ちなみに、今後の賞レース関連の発表予定は下記のようになっています。順次紹介をさせていただきます。

 2/27 第36回ゴールデン・ラズベリー賞授賞式
 2/28 第88回アカデミー賞授賞式

以上
posted by YUJI at 08:53| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

第36回ゴールデン・ラズベリー賞 ノミネーション発表

1/13に「ラジー賞」こと「ゴールデン・ラズベリー賞」のノミネート発表があったようです。私の感想も概ね外れてなさそうな候補達ですが、随分と顔ぶれが変わったような気がします。ラジー賞の常連である「シルヴェスター・スタローン」や「ウィル・スミス」らは、これらの賞とは別な賞にノミネートされていたようです(笑)。

以下に、主な賞のノミネートを紹介。  <☆の部分は私の受賞作品の予想(笑)>

■作品賞
  ファンタスティック・フォー
  フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
  ジュピター
  モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
 ☆ピクセル

■監督賞
  アンディ・フィックマン(モール・コップ ラスベガスも俺が守る!)
  トム・シックス(The Human Centipede III)
  サム・テイラー=ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  ジョシュ・トランク(ファンタスティック・フォー)
 ☆ウォシャウスキー兄弟(ジュピター)

■主演男優賞
 ☆ジョニー・デップ(チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
  ジェイミー・ドーナン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  ケヴィン・ジェームズ(モール・コップ ラスベガスも俺が守る!)
  アダム・サンドラー(靴職人と魔法のミシン、ピクセル)
  チャニング・テイタム(ジュピター)

■主演女優賞
  ダコタ・ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
  キャサリン・ハイグル(ホーム・スイート・ヘル キレたわたしの完全犯罪)
  ミラ・クニス(ジュピター)
  ジェニファー・ロペス(戦慄の誘惑)
 ☆グウィネス・パルトロウ(チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密)

■助演男優賞
  チェヴィー・チェイス(オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2、お!バカんす家族)
  ジョシュ・ギャッド(ピクセル、The Wedding Ringer)
 ☆ケヴィン・ジェームズ(ピクセル)
  ジェイソン・リー(Alvin and the Chipmunks: The Road Chip)
  エディ・レッドメイン(ジュピター)

■助演女優賞
  ケイリー・クオコ(Alvin and the Chipmunks: The Road Chip、The Wedding Ringer)
  ルーニー・マーラ(PAN ネバーランド、夢のはじまり)
  ミシェル・モナハン(ピクセル)
  ジュリアン・ムーア(Seventh Son)
 ☆アマンダ・セイフライド(Love the Coopers、PAN ネバーランド、夢のはじまり)

ちなみに、今後の賞レース関連の発表予定は下記のようになっています。順次紹介をさせていただきます。

 1/14 第88回アカデミー賞ノミネート発表
 2/27 第36回ゴールデン・ラズベリー賞授賞式
 2/28 第88回アカデミー賞授賞式

以上
posted by YUJI at 19:51| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

ブリッジ・オブ・スパイ (2016/01/08公開, 映画館)

「トム・ハンクス」主演、「スティーブン・スピルバーグ」監督、「ジョエル&イーサン・コーエン」脚本で、米ソ冷戦下で起こった捕虜交換の実話をもとに描いたサスペンスドラマ。民間弁護士の主人公が、突然ソ連のスパイの弁護を依頼される。周囲から非難を浴びせながら、弁護士としての職務を果たした主人公であったが、それから5年後、ソ連を偵察飛行中にアメリカの軍人がソ連に、同時に民間人が東ドイツに捕らえられる事態が発生。主人公が、ソ連のスパイとアメリカ人の二名の捕虜交換という大役を任じられる・・・という話。
今年最初の劇場鑑賞。おそらくアカデミー賞候補になるであろう作品。派手さはないけれど、「シンドラーのリスト」同様、歴史に残すという意味では意味のある作品だろうとは思う。内容も感動させてくれる。けれど、個人的には映画としてどうなんだろう・・・と思った。弁護士とスパイの友情がメイン? 弁護士の捕虜交換の交渉がメイン? 他にも色々あるけれど、いずれも描き方が中途半端だし、回収できていないフリがたくさん。やっぱり個人的には「スターウォーズ フォースの覚醒」が大賞に一票(笑)。
地雷指数:40%

20160110-1.jpg

🎬http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/
🎬映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 16:15| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする