2015年12月31日

1/初〜2/末にかけての上映予定の作品

「スターウォーズ」を避けた?作品の公開が沢山。比較的地味な作品の公開が多めだけれど、「ブリッジ・オブ・スパイ」「エージェント・ウルトラ」「ザ・ウォーク」「オデッセイ」あたりに期待。
ちなみに、1月〜2月にかけては、各賞レースの発表もあります。特に、ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)の発表も楽しみ。

[1/初〜2/末にかけての上映予定作品]
 イット・フォローズ(1/8)
●ブリッジ・オブ・スパイ(1/8)
 クリムゾン・ピーク(1/8)
 モンスターズ 新種来襲(1/9)
 クリミナル・ミッション(1/12)
 シーズンズ 2万年の地球旅行(1/15)
 パディントン(1/15)
 インシディアス 序章(1/16)
▲白鯨との闘い(1/16)
 デビルズ・シティ(1/16)
 トランス・シューター(1/19)
 ナイト・チェイサー(1/19)
▲エージェント・ウルトラ(1/23)
●ザ・ウォーク(1/23)
●ブラック・スキャンダル(1/30)
 SPOOKS スプークス MI-5(1/30)
 ザ・ラスト・ウォーリアー(2/2)
 ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ(2/2)
●オデッセイ(2/5)
 ザ・ガンマン(2/6)
▲マギー(2/6)
▲スティーブ・ジョブズ(2/12)
●SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁(2/19)
●X-ミッション(2/20)
 ディスクローザー(2/20)
 エイリネイト 侵略地区(2/23)
●ザ・ブリザード(2/27)
 ヘイトフル・エイト(2/27)

 ●:鑑賞予定の作品
 ▲:鑑賞未定の作品

以上
posted by YUJI at 07:38| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月の鑑賞作品

2015年12月に鑑賞した作品をまとめます。12月は全 8本(うち、映画館: 3本)、結果、今年は全部で 156本(うち、映画館: 61本)を鑑賞しました。こうして考えてみると、昨年の 322本は凄かったんだなぁ(笑)。
ちなみに今月は、ついに「スターウォーズ」の公開があって、内容も満足。しかも、今年の締めに、昨日も観てきました(笑)。

【2015年 12月】 8本
[映画館] 3本
12/19 スター・ウォーズ フォースの覚醒
12/23 クリード チャンプを継ぐ男
12/27 完全なるチェックメイト

[VOD] 5本
12/05 デッド・シティ2055
12/06 レフト・ビハインド
12/12 バトルヒート
12/13 リピーテッド
12/26 ファイナル・ゲーム

今さらブログを観直そうという人はいないかもしれないけれど、上の日付で探すと私の紹介記事がすぐに見つかるかも。

---------------------------------------
【2015年11月】 14本 (うち、映画館: 7本)
【2015年10月】 12本 (うち、映画館: 9本)
【2015年 9月】 14本 (うち、映画館: 8本)
【2015年 8月】 19本 (うち、映画館: 5本)
【2015年 7月】 13本 (うち、映画館: 2本)
【2015年 6月】 15本 (うち、映画館: 4本)
【2015年 5月】 13本 (うち、映画館: 6本)
【2015年 4月】 13本 (うち、映画館: 2本)
【2015年 3月】 13本 (うち、映画館: 4本)
【2015年 2月】 14本 (うち、映画館: 4本)
【2015年 1月】 17本 (うち、映画館: 7本)
---------------------------------------
【2014年】  322本 (うち、映画館:48本)
【2013年】    7本 (うち、映画館: 5本)
---------------------------------------

以上
posted by YUJI at 07:36| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年の劇場鑑賞映画と2015年ワースト5&ベスト5

2015年に鑑賞した映画のリストと賞レースに先駆けて、この時期に定番のワースト&ベスト5を掲載。2015年に映画館で観た映画は以下の61本と、今年目標にいていた年間50本の目標を軽くクリアしました。どーでもいいのも多いけれど(笑)。来年は少しペースを落とそうと思っています。

【2015年の劇場鑑賞映画】(合計:61本)
[1月]
 シン・シティ 復讐の女神
 96時間 レクイエム
 サン・オブ・ゴッド
 ジャッジ 裁かれる判事
 チェイス!
 エクソダス:神と王
 WILD CARD ワイルドカード
[2月]
 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
 ミュータント・タートルズ
 アメリカン・スナイパー
 プリデスティネーション
[3月]
 イントゥ・ザ・ウッズ
 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
 ナイト ミュージアム エジプト王の秘密
 ジュピター
[4月]
 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 ワイルド・スピード SKY MISSION
[5月]
 フォーカス
 ラン・オールナイト
 メイズ・ランナー
 チャッピー
 セッション
 誘拐の掟
[6月]
 トゥモローランド
 ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス
 マッドマックス 怒りのデス・ロード
 悪党に粛清を
[7月]
 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
 ターミネーター:新起動 ジェニシス
[8月]
 ジュラシック・ワールド
 ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
 ビッグゲーム 大統領と少年ハンター
 死霊高校
 テッド2
[9月]
 ギヴァー 記憶を注ぐ者
 パージ
 パージ:アナーキー
 キングスマン
 カリファルニアダウン
 ショーシャンクの空に【旧作】
 ピクセル
 アントマン
[10月]
 フレンチアルプスで起きたこと
 ドローン・オブ・ウォー
 ファンタスティック・フォー
 ジョン・ウィック
 ダイバージェントNeo
 サバイバー
 トランスポーター イグニション
 メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮
 ナイトクローラー
[11月]
 PAN ネバーランド、夢のはじまり
 エベレスト 3D
 ミケランジェロ・プロジェクト
 コードネーム U.N.C.L.E
 ラスト・ナイツ
 ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション
 007 スペクター
[12月]
 スター・ウォーズ フォースの覚醒
 クリード チャンプを継ぐ男
 完全なるチェックメイト


では今年も、これらの作品の中で年間ワースト5とベスト5も書いてみます。ワーストは年間でも残りやすく、対してベストは下半期の方が強い(笑)。ちなみに今年は大作映画の続編映画やリメイク・リスタート映画が多かったようです。

ワースト5
 1 ミュータント・タートルズ
 2 ビッグゲーム 大統領と少年ハンター
 3 ピクセル
 4 イントゥ・ザ・ウッズ
 5 PAN ネバーランド、夢のはじまり
 5 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
 5 ジュピター

ベスト5
 1 スター・ウォーズ フォースの覚醒
 2 ワイルド・スピード SKY MISSION
 4 マッドマックス 怒りのデス・ロード
 3 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
 5 セッション
 5 アメリカン・スナイパー

ちなみに前回同様、鑑賞時の評価(地雷指数)とはリンクしていません。あしからず(笑)。個々の感想は過去ログがあるので省略。個人的な感想なので、皆さんの感想とは全く違うかも知れません。

以上
posted by YUJI at 10:49| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

完全なるチェックメイト (2015/12/25公開, 映画館)

「トビー・マグワイア」主演、「ピーター・サースガード」「リーブ・シュレイバー」ら共演、「エドワード・ズウィック」監督で、天才チェスプレイヤー「ボビー・フィッシャー」の半生をもとに映画化した伝記ドラマ。アメリカとソ連の冷戦下でチェスの全米最年少グランドマスターになった主人公が、世界王者決定戦に出場し、チェス最強国ソ連の王者と対局、主人公は極限状態に追い込まれながらも、驚くべき戦略でソ連の王者に立ち向かう・・・という話。
題材としてはチェスを扱っていますが、正直そこはどうでもよく、チェスプレイヤーの心情を描いた、ほとんどスリラーな展開の映画です。基本、引き込まれる作品ではあるのですが、心情の描き方が少しくどい感じで、途中でもういいんじゃないと思わせる残念な仕上がりでした。ポスターの「震えた」描写も良くわからないし。これが今年最後に映画館で鑑賞する作品なんですよね・・・SWで終わらせとけばよかった(笑)!?
地雷指数:60%

20151227-1.jpg

🎬http://gaga.ne.jp/checkmate/
🎬映画『完全なるチェックメイト』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 11:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

ファイナル・ゲーム (2014年製作, VOD)

「ネイト・パーカー」制作・脚本・主演、「イーサン・ペック」ら共演で、不慮の事故で彼らの乗る飛行機が無人島に不時着してしまった、アメリカ代表のサッカーワールドカップ優勝メンバーが、生き残ったメンバー達の間で意見違いから 2組のチームに分かれ、サバイバルゲームを繰り広げるという、ビデオスルーでスペイン・マレーシア合作のサバイバル・サスペンス作品。
ひたすら暗い、「LOST」(米ドラマ)な作品です。だって、サッカーのアメリカチームがワールドカップでブラジルを破って優勝から始まるので、はじめ夢オチな作品かと思いました(笑)。心の変化や葛藤が良く描かれているし、やっぱりなエンディングも描かれていて、意外と楽しめました。それにしても、原題は「EDEN」なのに、随分な邦題だと思います(笑)。
地雷指数:70%

20151226-1.jpg

posted by YUJI at 08:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

クリード チャンプを継ぐ男 (2015/12/23公開, 映画館)

「マイケル・B・ジョーダン」主演、「シルベスター・スタローン」ら共演、「ライアン・クーグラー」監督・脚本で、「ロッキー」と過去作でライバルであった「アポロ・クリード」の息子の活躍の姿を描いた、「ロッキー」シリーズの新章となる作品で、「ロッキー」自身もトレーナーとして登場する。父「アポロ」を良く知らないまま育った主人公が、父から受け継いだボクシングの才能と情熱から、母親の反対を押し切りボクシングの世界に飛び込み、ボクシングから身を引いていた「ロッキー」をトレーナーに迎え、チャンピオンを目指していく・・・と言う内容。
背景的にも展開的にも「ロッキー」シリーズにはなってはいるのですが、個人的には主人公のライバル役に魅力を感じない内容。テーマが「師弟愛」「家族愛」に振り切っていて、若干違和感のある映画という印象を受けました。その部分を除けば純粋に感動できたし、とても楽しめる作品だと思います。「シルベスター・スタローン」もこの作品での雰囲気はいい。しかしこれ、続く要素はあるんだろうか(笑)?
地雷指数:35%

20151223-1.jpg

🎬http://wwws.warnerbros.co.jp/creed/index.html
🎬映画『クリード チャンプを継ぐ男』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 14:08| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

スター・ウォーズ フォースの覚醒 (2015/12/18公開, 映画館)

「デイジー・リドリー」主演、「ジョン・ボヤーガ」「アダム・ドライバー」「オスカー・アイザック」「ドーナル・グリーソン」に加え、「マーク・ハミル」「ハリソン・フォード」「キャリー・フィッシャー」ら出演、「J・J・エイブラムス」監督で、「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に、前3部作から10年ぶりに公開される、新3部作の第1章。あらすじは、どう書いてもネタバレになりそうなので省略(笑)。
今年一番楽しみにしていた作品。思えば、人生で最初に観た映画の続編。ここから私の映画人生が始まりました。まずこの三部作は、エピソード4〜6をなぞる作品になるであろう作品になるだろうっていう印象。あれもこれもと、明らかに狙ったオマージュだらけです(笑)。突っ込みどころがないと言えば嘘になるけれど、すげぇ面白い内容であっという間の150分でした。私の世代には特に感動ものかも知れません。観たことのない方も、冗談抜きでエピソード4〜6を見直していくことをお薦めします。個人的には、この手のジャンルはネタバレもありじゃないかなぁと思うけれど、この作品はあまり知らない方がいいかも・・・ということで、あらすじを省略しています(笑)。ちなみに、レイヤはただのおばさんで、ルークは事前に露出があまりない理由に納得できたし、今の方が絶対格好いい(笑)。
地雷指数:15%

20151219-1.jpg

🎬http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html
🎬【全・予告編】スターウォーズ/フォースの覚醒 <予告編1〜3弾>
posted by YUJI at 13:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

リピーテッド (2015/05/23公開, VOD)

「ニコール・キッドマン」主演、「コリン・ファース」「マーク・ストロング」ら共演、「ローワン・ジョフィ」監督・脚本で、イギリスの小説「わたしが眠りにつく前に」を映画化したイギリス・フランス・スウェーデン合作のサスペンス作品。事故の後遺症で、翌日には前日までの記憶を失ってしまう主人公は、献身的な夫に支えられて暮らしていたが、ある精神科医からの電話で、自身が前日の記憶を映像で日記として残していることを知る。この映像の内容が夫の語る内容とは異なる現実が記録されてために、主人公は誰の話を信じて良いのか分からなくなっていっってしまう・・・と言う話。
記憶喪失としては、多々矛盾に感じた部分はあるけれど、個人的には後半20分くらいまで犯人が分からない、サスペンスとしてはかなり面白いかと感じた作品でした。時間的にも、これくらいがちょうどいい。やっぱりこれ、ストーリもさることながら、キャストの勝利かも知れません。ちなみにこの作品の場合、制作費の大半が役者のギャラなんだろうなぁ(笑)。
地雷指数:40%

20151213-1.jpg

🎬http://repeated-movie.com/
🎬映画『リピーテッド』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 07:30| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

バトルヒート (2015/07/25公開, VOD)

「ドルフ・ラングレン」主演、「トニー・ジャー」共演、「エカチャイ・ウアクロンタム」監督で、家族を殺された復讐でマフィアを追い詰める警察官の姿を描くアクション作品。刑事でありながら、人身売買を繰り返すマフィアに家族を殺されたことで、復讐に燃え処刑人と化した主人公が、組織の拠点がある国に乗り込み、現時の刑事と共に、マフィアのボスを追う・・・と言う話。
今さら「ドルフ・ラングレン」主演のアクション映画が観られるなんて、「エクスペンダブルズ」シリーズのおかげでしょう(笑)。最初、正義感に燃える警官の活躍劇かと思ったら、復讐のための死刑執行に燃える、無茶苦茶な設定の警官でした。それにしてもこの映画、ストーリーのテーマは家族の復讐なんだけれど、基本的には戦闘シーンが見せられればいい、それだけの映画です。多くのアクションシーンが本筋と関係ないし。でも、そこそこ観られてしまうのが悲しい(笑)。
地雷指数:70%

20151212-1.jpg

🎬http://www.battleheat.jp/
🎬映画『バトルヒート』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 07:20| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

レフト・ビハインド (2015/06/27公開, VOD)

「ニコラス・ケイジ」主演で、突如として多くの人々が消えてしまった機内でのパニックを描いた、「ティム・ラヘイ」&「ジェリー・ジェンキンズ」による小説「レフトビハインド」原作のパニック映画。突然、主人公が操縦する機内で上空で乗客の一部が消えてしまい、機内で発生したパニックに対応を行っていた。やがて燃料が不足する状況に追い込まれた主人公は、無事に地上に降りるための決断を迫られる・・・という話。
「ニコラス・ケイジ」主演なんですが、きっと低予算だったんだのでしょう・・・殆ど機内シーンでした。しかも、パニック映画となっていましたが、ネタは SFで、流れはほぼ人間ドラマになってます(笑)。そもそもパニック映画なのに、妙にスローテンポな音楽が多いし、主人公らの演技にもあまり緊張感を感じなかったです。まぁ映画としてはあんまりな内容ではありますが、久々に少しは感情移入できる「ニコラス・ケイジ」であったような気がします(笑)。
地雷指数:90%

20151206-1.jpg

🎬http://leftbehind-movie.jp/
🎬映画『レフト・ビハインド』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 07:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする