2015年02月08日

ゾンビ・リミット (2014/10/26公開, VOD)

「エミリー・ハンプシャー」「クリス・ホールデン=リード」の2人が主演、「マヌエル・カルバージョ」監督による、日本でも「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014」にて劇場公開された、スペイン・カナダ合作のちょっと変わったゾンビホラー映画。定期的にワクチンを打つことでゾンビウィルスに発症せずに普通に生活することができる世界。ところがある日、ワクチンの在庫が残りわずかだという噂が流れはじめると、街に不穏な空気が流れ始めたため、主人公の二人は大量のワクチンを持って友人を頼り、街から逃亡するが・・・という内容。
ゾンビ自体は、全体を通じてクライマックスシーンではない数シーンでしか出てこない斬新な内容。ゾンビになってしまう恐怖を上手に演出している、結構面白いと思った作品。結構エンディングに向けて切ない内容だったりします。でもこれ、最後まで見るとホラー映画というよりサスペンス映画という印象を感じる作品です(笑)。これもポスターのイメージは、作品には全くないですけど(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:40%

20150208-2.jpg

カチンコ映画『ゾンビ・リミット』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デッドハング (2015/01/10公開, VOD)

「サラ・バトラー」主演、「D・B・スウィーニー」ら共演、「ウォーレン・ザイド」共同制作、「マレク・アッカド」監督で、今年の1月に「未体験ゾーンの映画たち2015」でも上映されたシチュエーション・サスペンス映画。主人公の女性が役員の不正の証拠を発見し、これを報告したために、この役員により口封じのために雇われた殺し屋によって、深夜の高層ビル内で襲われてしまう。逃げ場を失った主人公は、逃げ込んだエレベータに追い詰められ、命がけの反撃に出る・・・という話。
正直なところ、シチュエーションスリラーでもサスペンスでもでもないんだよなぁ・・・どちらかというとアクション(笑)?っていうか、オープニングでオチがばればれじゃん(笑)。エレベータに閉じ込められてからは、ストーリーどうでもよくなってるし。それと個人的には、殺し屋役の「96時間 リベンジ」にも出ていた「D・B・スウィーニー」はいい味出してると思うんだけど、どこか二枚目になりきれない雰囲気あるんよなぁ。あっちなみに、このポスター全く本編と関係ないです(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:85%

20150208-1.jpg

カチンコデッドハング (YouTube)
posted by YUJI at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

ミュータント・タートルズ (2015/02/07公開, 映画館)

「トランスフォーマー」シリーズの「ミーガン・フォックス」がヒロイン役、「マイケル・ベイ」製作、「ジョナサン・リーベスマン」監督で、これまでもアニメや実写化されたアクション映画のリブート作品。悪の組織による犯罪が多発しているニューヨークで、TVリポーターのヒロインにより謎のヒーローが目撃される。その姿は、亀の忍者4人組で、彼らが町を救うため悪の組織と対決するという勧善懲悪な内容。
んー・・・派手さはまさに「マイケル・ベイ」な作品ではあるんだけれど、派手な演出の割にはたいしたことはしていないのは気のせいだろうか!? 今回この相手だと、次回以降どうするのか逆に心配してしまう(笑)。実は今回は地元で吹き替え版しかやっていなかったので、これを観たのだけれど・・・私自身では日本語吹き替えがしっくりこないというか、あまりうまく感じなかったので、字幕版の方が良かったのかもしれない。いや、娯楽映画としては面白いのかも知れないけれど、個人的には「マイケル・ベイ」なら「トランスフォーマー」の方が全然面白かったと思う。地雷指数は次回への期待も込めて低め。今回は短かくて、それだけはいい(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:70%

20150207-2.jpg

カチンコhttp://www.turtles-movie.jp/
カチンコ映画『ミュータント・タートルズ』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 (2015/02/06公開, 映画館)

「ジョニー・デップ」主演、「グウィネス・パルトロウ」「ユアン・マクレガー」「オリビア・マン」「ポール・ベタニー」ら共演、「デビッド・コープ」監督で、「キリル・ボンフィリオリ」の小説を映画化したコメディ映画。ちょびヒゲを生やした美術商の主人公が、英国諜報機関MI5の依頼で、盗まれた絵画を捜索。しかし、この絵には莫大な財宝の秘密が隠されていたことがわかり、それを知るいくつもの組織との間で争奪戦に発展していく・・・と言う内容。
映画サイトにはアドベンチャー映画と書いてあったけれど、予告CMでも分かるようにどう見てもコメディです(笑)。私と笑いのツボが合わないのか・・・面白いことは沢山やっているのですが、笑えませんでした。コメディ映画なのに、劇場内でも笑いが出ていなかったし。で、結局映画的には単なる「ある富豪」の「とある一週間」な作品になってしまっている気がしました。でもこうしてみると、「ジョニー・デップ」は「トライセンデンス」みたいのより、こういうコメディ色の多い作品の方がいいと感じた(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:65%

20150207-1.jpg

カチンコhttp://www.mortdecai.jp/
カチンコ映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀 (2011/10/29公開, VOD)

「トメル・シスレー」主演、「シャロン・ストーン」ら共演で、フランスの人気コミックを実写映画化したフランス・ベルギー・ドイツ合作のサスペンス・アクション映画「ラルゴ・ウィンチ」シリーズの第2作。前作で父親が暗殺され、巨大財閥の代表になった主人公が、何者かの策略により虐殺事件への関与を疑われ、無実を証明するため事件に隠された謎を追う・・・という内容の作品。
この作品のテーマは「裏切り」みたいね。まぁ巨大財閥の総帥だからネタ的には仕方ないのか・・・。前作よりちょっとアクションよりになったのが作風的に少し気になるけれど、前作よりこっちの方がコミックに近いのかも。それに予想通り爆発はあったけれど、ストーリー中盤だったので地雷映画のセオリーにはハマらなかった(笑)。相変わらず面白いと思うよ、うん。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150201-2.jpg

カチンコ映画『ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀』予告編 (YouTube)
カチンコラルゴ・ウィンチ−裏切りと陰謀 (プレビュー) (YouTube)
カチンコラルゴ・ウィンチ−裏切りと陰謀 (字幕版) (YouTube)
posted by YUJI at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラルゴ・ウィンチ 宿命と逆襲 (2008/02/17公開, VOD)

「ジェローム・サル」がヨーロッパで人気のコミックを実写映画化したフランス・ベルギー合作のサスペンス・アクション映画。巨大財閥の創始者である父が何者かに暗殺され、後継者として指名された養子の主人公が、父の仇を討つために立ち上がる・・・という作品。この作品は、2008年に製作・公開されていましたが、日本で未公開であったのです、2012年に日本でもVODで発売になっています。
アクションもあるけれど、サスペンス色の強いコミックがベースとは思えないカラーの作品。しっかり練られている面白い展開の話だと思います。ただ、だいたい想像はつくけれど、そうなった理由を描かない微妙な部分が重要なシーンに多い気がした。ちなみに、アメリカでもヨーロッパでも考えるネタの方向性は一緒だということは分かりました(笑)。だからと言って、続けて観る予定の「2」(続篇「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀」)で「今度は戦争だ!」的な展開にならないことを切に願っています(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:35%

20150201-1.jpg

カチンコラルゴ・ウィンチ−宿命と逆襲(プレビュー) (YouTube)
カチンコラルゴ・ウィンチ−宿命と逆襲(字幕版) (YouTube)
posted by YUJI at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/初〜3/末にかけての上映予定の作品

この期間は本数も少なく、地味な映画が多いようです。劇場公開のないVODの公開作にも期待しています(笑)。

[2/初〜3/末にかけての上映予定作品]
▲チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2/6)
●ミュータント・タートルズ(2/7)
 フォックスキャッチャー(2/14)
 クリミナル・アフェア 魔警(2/14)
 マッハ!無限大(2/14)
▲アメリカン・スナイパー(2/21)
 スペシャルID 特殊身分(2/21)
 沈黙の制裁(2/21)
 アナベル 死霊館の人形(2/28)
●プリデスティネーション(2/28)
▲イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(3/13)
▲イントゥ・ザ・ウッズ(3/14)
●ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(3/20)

 ●:鑑賞予定の作品
 ▲:鑑賞未定の作品

以上
posted by YUJI at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月の鑑賞作品

2015年01月に鑑賞した作品をまとめます。今月は全17本。2015年はこれでも多い方になるかもしれません(笑)。VODより劇場鑑賞作品を増やしていく予定です。

【2015年 01月】 17本
[映画館] 7本
01/10 96時間/レクイエム
01/10 シン・シティ 復讐の女神
01/11 サン・オブ・ゴッド
01/17 ジャッジ 裁かれる判事
01/24 チェイス!
01/31 エクソダス:神と王
01/31 ワイルドカード

[VOD] 10本
01/01 LEGO(R) ムービー
01/02 マレフィセント
01/03 アウトロー
01/04 タイムシャッフル
01/04 ザ・ヘラクレス
01/10 ミスターGO!
01/18 ナイト ミュージアム
01/18 ナイト ミュージアム2
01/25 オールド・ボーイ
01/25 マックス・ペイン

今さらブログを観直そうという人はいないかもしれないけれど、上の日付で探すと私の紹介記事がすぐに見つかります。

-------------------
【2015年 1月】 17本
-------------------
【2014年】  322本
【2013年】    7本
-------------------

以上
posted by YUJI at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする