2015年01月12日

第72回ゴールデン・グローブ賞

先日紹介した「第72回のゴールデン・グローブ賞」の授賞式があったようです。この賞は、「アカデミー賞」の前哨戦といわれているのですが、TVやPodcastなどで聞いている限り、やはり「6才のボクが、大人になるまで。」が「アカデミー賞」に近いんですかね。まだノミネート作品の発表されていませんが・・・。ちなみに、私が観るような作品は殆どないです(笑)。 

「★」マークのついたものが受賞

【映画の部】
[ドラマ部門 作品賞]
 ★「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・「フォックスキャッチャー」
 ・「THE IMITATION GAME」
 ・「SELMA」
 ・「博士と彼女のセオリー」

[ドラマ部門 女優賞]
 ・ジェニファー・アニストン「CAKE」
 ・フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
 ★ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
 ・ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
 ・リース・ウィザースプーン「WILD」

[ドラマ部門 男優賞]
 ・スティーヴ・カレル「フォックスキャッチャー」
 ・ベネディクト・カンバーバッチ「THE IMITATION GAME」
 ・ジェイク・ギレンホール「NIGHTCRAWLER」
 ・デヴィッド・オイェロウォ「SELMA」
 ★エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」

[コメディ/ミュージカル部門 作品賞]
 ・「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ★「グランド・ブダペスト・ホテル」
 ・「イントゥ・ザ・ウッズ」
 ・「PRIDE」
 ・「ST. VINCENT」

[コメディ/ミュージカル部門 女優賞]
 ★エイミー・アダムス「ビッグ・アイズ」
 ・エミリー・ブラント「イントゥ・ザ・ウッズ」
 ・ヘレン・ミレン「マダム・マロリーと魔法のスパイス」
 ・ジュリアン・ムーア「マップ・トゥ・ザ・スターズ」
 ・クワベンジャネ・ウォレス「ANNIE/アニー」

[コメディ/ミュージカル部門 男優賞]
 ・レイフ・ファインズ「グランド・ブダペスト・ホテル」
 ★マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・ビル・マーレイ「ST. VINCENT」
 ・ホアキン・フェニックス「INHERENT VICE」
 ・クリストフ・ヴァルツ「ビッグ・アイズ」

[助演女優賞]
 ★パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・ジェシカ・チャステイン「A MOST VIOLENT YEAR」
 ・キーラ・ナイトレイ「THE IMITATION GAME」
 ・エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」

[助演男優賞]
 ・ロバート・デュヴァル「ジャッジ 裁かれる判事」
 ・イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
 ★J・K・シモンズ「WHIPLASH」
 
[アニメ作品賞]
 ・「ベイマックス」
 ・「THE BOOK OF LIFE」
 ・「THE BOXTROLLS」
 ★「ヒックとドラゴン2」
 ・「LEGOレジスタードマーク ムービー」

[外国語映画賞]
 ・「ツーリスト (スウェーデン)」
 ・「GETT: THE TRIAL OF VIVIANE(イスラエル)」
 ・「イーダ(ポーランド/デンマーク)」
 ★「LEVIATHAN (ロシア)」
 ・「TANGERINES MANDARIINID(エストニア)」

[監督賞]
 ・ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
 ・エヴァ・デュヴルネ「SELMA」
 ・デヴィッド・フィンチャー「ゴーン・ガール」
 ・アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ★リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」

[脚本賞]
 ・ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
 ・ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」
 ★アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、 ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・グレアム・ムーア「THE IMITATION GAME」

[作曲賞]
 ・アレクサンドル・デスプラ「THE IMITATION GAME」
 ★ヨハン・ヨハンソン「博士と彼女のセオリー」
 ・トレント・レズナー、アッティカス・ロス「ゴーン・ガール」
 ・アントニオ・サンチェス「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・ハンス・ジマー「インターステラー」

[主題歌賞]
 ・ビッグ・アイズ「ビッグ・アイズ」
 ★GLORY「SELMA」
 ・MERCY IS「ノア 約束の舟」
 ・OPPORTUNITY「ANNIE/アニー」
 ・YELLOW FLICKER BEAT「THE HUNGER GAMES:MOCKINGJAY  PART 1」

以上
posted by YUJI at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

サン・オブ・ゴッド (2015/01/10公開, 映画館)

2013年にTVドラマで放送された聖書を題材にしたドラマ「ザ・バイブル」を、このドラマの主演「ディエゴ・モルガド」がそのまま演じて映画化した作品。預言により、王になることを運命づけられた主人公イエス・キリストが、権力者から危険人物とみなされてしまうという・・・という話
個人の宗教観は別にして、映画的にはベースとなる聖書の話を知っていることが前提になっているので、正直話が有名なシーンを追いかけすぎて、ちょっと飛び過ぎな印象が強かった。その割に長い(笑)。あと弟子がたくさん出てきて、いろいろセリフがあるんだけれど、これも話を知っていることが前提なので、1,2名を除いて殆ど描かれていなくて、誰だっけこれ?ッていうシーンが多かったのが残念。これ、残念ながら日本だと受け入れられにくいかも・・・。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:65%

20150111-2.jpg

カチンコhttp://sonofgod.jp/
カチンコ映画『サン・オブ・ゴッド』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミスターGO! (2014/05/24公開, VOD)

サーカスのゴリラが、サーカスが抱える借金を返すため、飼い主の少女と共に得意の野球をする姿を描いた韓国製のスポーツコメディ。万年最下位の球団のスカウトマンが野球を得意とするサーカスのゴリラとゴリラ使いの少女をスカウトすると、期待通り怪力でホームランを連打することで大活躍するが・・・という話。実は日本プロ球団のオーナーとして、俳優の「オダギリジョー」も出演する(笑)。
以前、町山智浩氏が紹介していたのと、VODが新着登録されていて友人も紹介していたので、正直コメディーは得意ではないのだけれど、時間ができたので観てみた。確かに設定はまるっきりコメディーなんだけど、最後にはしっかり感動させる脚本の人間ドラマ・・・ならぬゴリラドラマ(笑)。面白い・・・けど、長い(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150111-1.jpg

カチンコhttp://go.gaga.ne.jp/
カチンコ映画『ミスターGO!』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

96時間 レクイエム (2015/01/09公開, 映画館)

「リーアム・ニーソン」主演、「ファムケ・ヤンセン」「マギー・グレイス」が引き続き共演し、前作の監督「オリビエ・メガトン」が今回も監督、「リュック・ベッソン」製作・脚本の家族を守る元CIA工作員の姿を描いたサスペンスアクション「96時間」のシリーズ第3作。前作で家族の命を守り、平穏な暮らしを行い始めた矢先に、元妻を殺されてしまう。現場にいた主人公が容疑者として追われる身になってしまい、残された娘を守り復讐を果たすために、逃走を続けながら黒幕を追い始める・・・という話。
相変わらず娯楽作品としては面白いのだけれど、前の2作に比べると少し魅力減の印象。っていうか、この作品はこれまでの設定は引き継いでいるものの、基本的に別作品(笑)。なんとなく「逃亡者」や「24」を感じさせる内容。しかもサスペンスアクションのはずなのに、開始30分もたたないうちにキャスティングで犯人わかっちゃって、あとはアクションだけというのがねぇ(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:45%

20150110-2.jpg

カチンコhttp://www.foxmovies.jp/96hours/
カチンコ映画『96時間/レクイエム』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン・シティ 復讐の女神 (2015/01/10公開, 映画館)

「ジェシカ・アルバ」「ミッキー・ローク」「ロザリオ・ドーソン」「ブルース・ウィリス」に加え、「ジョシュ・ブローリン」「ジョセフ・ゴードン=レビット」「エバ・グリーン」ら共演で、「ロバート・ロドリゲス」、原作者が共同監督で「フランク・ミラー」自身のグラフィックノベルを映画化した、前作から9年ぶりの続編となるクライム・アクション作品。
「シン・シティ」を舞台に、アウトサイダーたちの生きざまを、モノクロームの独特な映像スタイルで4つのエピソードを組み合わされて描かれているので、独特な雰囲気に観る人を選ぶかもしれないけれど、前作に比べて一般ユーザ受けを意識した作りになっているし、分かりやすい単純な作りなので逆に楽しめた。目一杯、R15+指定な内容だけど(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:35%

20150110-1.jpg

カチンコhttp://sincity.gaga.ne.jp/
カチンコ映画『シン・シティ 復讐の女神』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

ザ・ヘラクレス (2014/09/06公開, VOD)

「ケラン・ラッツ」主演、「レニー・ハーリン」監督で、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを描いたアクション映画。ヘラクレスは他国の姫と愛し合うが、姫は政略結婚でヘラクレスの異父兄の妻になることが決められてしまう。そのため、駆け落ちしようとした2人は捕らえられ、ヘラクレスは戦地へと出されてしまう。戦場から生還したヘラクレスは、やがて父王の圧制から王を解放する戦いに身を投じていく・・・というストーリー。
こちらも神話で語られる英雄ヘラクレスの話とは少し違うけれど、ほぼ同時期公開の「ドウェイン・ジョンソン」の「ヘラクレス」(2014年10月24日公開)よりは真面目に神話を描いた作品(笑)。「ケラン・ラッツ」もかっこいいんだけど、ちょっと真面目に描きすぎるので、個人的には「ドウェイン・ジョンソン」版の方が好き。多分同時期にぶつけてしまったのが不幸なんだと思う。映画としては、この時代を描いた映画としては悪くない面白い映画だと思う。「レニー・ハーリン」節が全開だと思うし(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150104-2.jpg

カチンコhttp://www.the-hercules.com/
カチンコ 『ザ・ヘラクレス』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムシャッフル (2014/12/03発売, VOD)

「ダニエル・パナベイカー」「マット・オリアリー」「ジョージ・フィン」ら共演、「ブラッドリー・キング」監督・脚本のSFスリラー。近所に住む科学者が死亡しているのを発見した3人の男女が、無数のポラロイド写真と24時間後を映し出す巨大なカメラを手に入れる・・・という内容。
年初めの3日が過ぎたので、メジャー作品以外もぼちぼち(笑)。最初はこの作品。スリラーなのにハッピーエンド?と思ったら、最後はちゃんとスリラーになっていたので、ほっと一安心(笑)。定点観測的な作品は斬新で結構面白かった・・・けれど、このカメラの仕組みを把握するまでに時間がかかった。プロトタイプ的なメインキャラクター男女3人の構成もグットかも。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150104-1.jpg

カチンコ 「タイムシャッフル」予告 (YouTube)
posted by YUJI at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

アウトロー (2013/02/01公開, VOD)

「トム・クルーズ」主演、「クリストファー・マッカリー」監督・脚本で英作家「リー・チャイルド」の小説を映画化したサスペンス・アクション作品。ある街の郊外で、5人が射殺される事件が発生した。元米軍スナイパーが逮捕されるが、逮捕時になぜか元米軍秘密捜査官の主人公を指名する。指名された主人公は、事件の不審な点に気づき真相を暴いていくという内容。
映画での作品内容的には、前半で大まかなストーリーと犯人が推測できてしまうので、サスペンス的な部分はかなり弱いと思うけれど、小説だけあって良く練ってあるんだと感じた。ちなみに「トム・クルーズ」もまた、”私失敗しないので”的な俳優なので、あまりドキドキして観ることはないのだけれど、これだけエンターテイメント性のある俳優は今の時代少ないので凄い。この作品では、その中でもかなり大人しめの役で、久々に真面目な「トム・クルーズ」を観た。個人的には、「ミッション・インポッシブル」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の役柄の方が好き(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150103-1.jpg

カチンコhttp://www.outlaw-movie.jp/
カチンコトム・クルーズ主演 映画「アウトロー」 (YouTube)
posted by YUJI at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

マレフィセント (2014/07/05公開, VOD)

「アンジェリーナ・ジョリー」主演、「エル・ファニング」ら共演、「ロバート・ストロンバーグ」監督で、ディズニー・アニメ「眠れる森の美女」を、邪悪な妖精マレフィセントの視点から描いたディズニーの実写版ファンタジー映画。これまでの同作品の内容とは異なり、マレフィセントとオーロラ姫の間の隠された物語を描く内容。
私の柄ではない映画鑑賞シリーズ第2弾(笑)。とりあえず、若干やせ過ぎな感じもしたけど、「アンジェリーナ・ジョリー」はいいと思う。物語的にも、ディズニーなので、結果的にハッピーになるだろうというのは予想通りとして、私的には好みのジャンルではないけれど、元々の「眠れる森の美女」で感じていたクライマックスの描き方よりも、こっちの方がしっくりくると個人的には思う。途中から方向性見え見えだけど・・・まぁファミリー向け映画としては、いいなんでしょう(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:40%

20150102-1.jpg

カチンコhttp://www.disney.co.jp/movie/maleficent.html
カチンコ 『マレフィセント』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

LEGO(R) ムービー (2014/03/21公開, VOD)

「フィル・ロード&クリストファー・ミラー」監督により、玩具「レゴ」を題材にしてほぼ全編「レゴ」で製作された3Dアニメーション映画。日本語吹き替え版では、森川智之、山寺宏一、沢城みゆきら全8人の声優ですべてのキャラクターを吹き替えている・・・らしい。内容的には、平凡なLEGOフィギュアの作業員が、突如世界を救う「選ばれし者」と間違われてしまい、LEGOワールドを支配しようする大王の野望を阻止する冒険に出るはめになる・・・というもの。
1年の最初の映画なので、普段は絶対に観なそうなメジャー作品をあえて選んでみました(笑)。ヒーロー大集合、マーベルや中つ国などなんでもありの設定で、展開自体は子供にも分かりやすい内容で、コメディチックに「レゴ」の面白さ楽しみ方を教えているんだけれど、最後30分は正直意外な展開にして、「なーるほどね」というしっかりまとめていた。偏見持ってみなければ、結構面白く見れて、小さい子を持つ親子で観るにはいい映画かも。レゴをねだられるかもしれないけど(笑)。それとこれ、吹き替え版で観たのは正解だったかも。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:35%

20150101-1.jpg

カチンコhttp://wwws.warnerbros.co.jp/lego/
カチンコ 『レゴ・ムービー』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする