2015年01月31日

WILD CARD ワイルドカード (2015/01/31公開, 映画館)

「ジェイソン・ステイサム」主演、「サイモン・ウェスト」監督、「ウィリアム・ゴールドマン」原作・脚本のクライムアクション。元軍人でラスベガスで用心棒をしている主人公が、暴行を受けて重傷を負った元恋人から復讐を依頼され完遂するが、実はその相手はマフィアのボンボンで、手下を連れて仕返しやってくる・・・と言う話。
えっ、これからじゃないの!?っていう盛り上がる前にエンディングを迎えてしまう、消化不良な作品。そもそもスケール小っちゃ。本当にこういう原作なんだろうか!? まぁ、原作と脚本は一緒の人だけど(笑)。やっぱり、「ジェイソン・ステイサム」と「サイモン・ウェスト」はアクションだけにしておいた方がいいかも。申し訳ないけれど、何も記憶に残りそうもない。まぁ話は最低だけど、アクションでかろうじて、この地雷指数です(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:70%

20150131-2.jpg

カチンコhttp://wildcard-movie.com/
カチンコ映画『ワイルドカード』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクソダス:神と王 (2015/01/30公開, 映画館)

「クリスチャン・ベール」主演、「ジョエル・エドガートン」「ベン・キングスレー」「シガニー・ウィーバー」ら共演、「リドリー・スコット」監督で、モーゼの奇跡を描いた歴史ドラマ映画。エジプトの王家で養子として育った主人公モーゼが、義兄弟のエジプト王に反旗を翻し、民を救うためにまだ観ぬ故郷へ戻る旅を描いた作品。
「ノア 約束の地」あたりからこの手の作品増えてます。ようするに「モーゼの十戒」です(笑)。そこはそれ、ちゃんと「リドリー・スコット」な映画になってはいるんですが・・・有名で皆が話を知っているのに、いろいろと描きすぎていて、何を一番描きたいのか良くわからん。やっぱりVFXなのか(笑)!? ひたすら長いし、置き去りの設定も多いしなぁ。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:65%

20150131-1.jpg

カチンコhttp://www.foxmovies-jp.com/exodus/
カチンコ映画『エクソダス:神と王』本予告 (YouTube)
posted by YUJI at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

マックス・ペイン (2009/04/18公開, VOD)

「マーク・ウォールバーグ」主演、「オルガ・キュリレンコ」ら共演、「ジョン・ムーア」監督のハードボイルド・アクション。妻子を殺された主人公が、その犯人を単独で探していた。そんなある時、妻子と同一犯と思われる殺害事件が発生し、わずかな手がかりから犯人を探し出そうとする・・・という作品。
要するに、ひたすら妻子の復讐を目指す撃ちまくりアクション作品。最初、どこへ行っちゃうのかなぁ的な展開があったけれど、結局普通の刑事もののアクションに収まっちゃったかなぁという印象。短いからまぁいいや(笑)。しかし「マーク・ウォールバーグ」も少し作風間違えると、まんま若い「キーファー・サザーランド」っていう感じです(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:75%

20150125-2.jpg

カチンコhttp://movies.foxjapan.com/maxpayne/
カチンコマックス・ペイン 予告編 -Max Payne- (YouTube)
posted by YUJI at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールド・ボーイ (2014/06/28公開, VOD)

2003年に映画化された「土屋ガロン」「嶺岸信明」による日本の漫画を、「ジョシュ・ブローリン」主演、「スパイク・リー」監督でリメイクしたサスペンス映画。ある夜、主人公が突然拉致され、外界と切り離された狭い部屋に閉じ込められてしまう。そしてこの環境で20年たった時、突然解放される。誰が何のために20年間もの間監禁をし続けたのか? 主人公は、友人と一人の女性と共に犯人探しを始める・・・という話。
R15+な内容で、最後は今一つすっきりしない内容ではあったけれど、サスペンスとしては面白い部類だと思う。前作はカンヌ映画祭でグランプリをとったらしい。そういえば、この作品もどこかでノミネートされてたような・・・。ちなみに日本の漫画が原作だけあって、ちょっと設定が漫画的。それと、前半から中盤にかけてはやくざ映画な印象を感じる作品なのだけれど・・・これがいかん気がする(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150125-1.jpg

カチンコhttp://www.oldboymovie.jp/
カチンコ 『オールド・ボーイ』[HD]映画予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

チェイス! (2014/12/05公開, 映画館)

2013年にインドで公開されたバイクによるアクロバティックなカーチェイスシーンが見どころのアクションエンタテインメント。米国でサーカス団を率いる主人公が、幼い時に父を破滅に追い込んだ銀行へ復讐するため、この銀行の金庫破りを繰り返す。そんな主人公を追い、インドから優秀な刑事とその相棒がやってきて、彼らを追い詰めていく・・・という話。
やっぱりインド映画です。大人数で歌って踊って恋を語らないと駄目なのか(笑)。このシーンなければ、適切な時間内で終わると思うんだけれど・・・。正直、脈略ない部分やなんで出てきたの?的なキャラクターもいたりする(笑)。でも、ストーリーは一部のハリウッドの映画に比べれば、しっかりしている感動させる面白い話なんだよね。勿体ない。それにしても、この映画で出てくる特別なバイク・・・この映画に必要か(笑)!?
がく〜(落胆した顔)地雷指数:65%

20150124-1.jpg

カチンコhttp://chase-movie.jp/
カチンコ映画『チェイス!』予告編 (YouTube)
posted by YUJI at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ナイト ミュージアム2 (2009/08/12公開, VOD)

前作からの「ベン・スティラー」「ロビン・ウィリアムズ」らに加えて、「エイミー・アダムス」出演のファンタジー・コメディ作品である「ナイトミュージアム」の続編。今回は、元美術館警備員の主人公が、NY自然史博物館の展示物達を助けるため、世界最大の博物館群スミソニアンに場所を移して活躍するという話。
前作に引き続き、今年3月20日に公開予定の「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」の予習。地雷映画の法則にならって、「今度は戦争だ!」っていう感じです(笑)。なんで戦うんだか・・・。残念ながら前作ほどの新鮮さもなく、登場キャラクターの魅力が感じられなかった。原因の1つは、博物館の規模を大きくし過ぎたのと、それに伴ってキャラクターを数多く登場させすぎたからだろうねぇ・・・最新作が心配。それと1つだけ・・・どんだけの範囲まで石盤の効果があるんだ(笑)!?
がく〜(落胆した顔)地雷指数:70%

20150118-2.jpg

カチンコhttp://movies.foxjapan.com/nightmuseum2/
カチンコナイト ミュージアム2 長編予告(前作おさらい付) (YouTube)
posted by YUJI at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイト ミュージアム (2007/03/17公開, VOD)

「ベン・スティラー」主演、「ロビン・ウィリアムズ」「アン・メアラ」ら共演で、「ミラン・トレンク」著の「The Night at the Museum」という絵本を原作に作られたファンタジーコメディ映画。失業中の主人公が、待ったなしの状態で仕事を探し、やっとのことで自然史博物館での夜警の仕事を手に入れる。しかし驚くべきことに、この自然史博物館の展示物たちは夜になると、エジプト王が持つ謎の石板の力で動き出す・・・という話。
今年3月20日に公開予定の「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」の予習。この作品、ストーリ的にはだいぶ違うけれど、「ジュマンジ」と同じ匂いのする作品。っていうか、間違いなく寄せています(笑)。それにしても、やっぱり「ロビン・ウィリアムズ」って、コメディには欠かせない・・・いい俳優です。この作品の展示物は、基本的に協力的なのでオチは最初の方で見えてしまうし、いろいろとほったらかしだけれど・・・それでも安心して観れる楽しいコメディ映画だと思います(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:40%

20150118-1.jpg

カチンコ映画『ナイト ミュージアム』予告篇 (YouTube)
posted by YUJI at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

ジャッジ 裁かれる判事 (2015/01/17公開, 映画館)

「ロバート・ダウニー・Jr.」と「ロバート・デュバル」が父子役で共演の法廷サスペンスドラマ。天才的だが真偽よりも勝利にこだわる弁護士である主人公の父(小さな街の判事)が、母の葬儀の日に殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。そのため主人公が父の弁護人を務めることになり、主人公は判事であり正義の人でもある父が殺人を犯すはずがないと信じるのだが、裁判が進むにつれて疑わしき証拠が発見されてしまう・・・という話。
この紹介文だけ読むと、「ロバート・ダウニー・Jr.」が主演なので派手な法廷モノのサスペンス作品を期待していたのだけれど、実際はしっかり泣かせる家族ドラマ映画だった。でも、「ロバート・ダウニー・Jr.」はやっぱり天才的な役なのね(笑)。内容的には、昔の彼女のくだりは正直あまりいらないと思うので、もう少し「ロバート・ダウニー・Jr.」の現在の人となりを描いてもいいかなぁと思った。って書いたけれど、賞レースでも人気のありそうな、いい映画だとい思います。私の好きな映画の趣向に比べれば、こういう作品はだいたい高評価なんだろうなぁ(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:30%

20150127-1.jpg

カチンコhttp://wwws.warnerbros.co.jp/thejudge/
カチンコ映画『ジャッジ 裁かれる判事』予告編(YouTube)
posted by YUJI at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

第87回アカデミー賞ノミネート

賞レースの目玉、アカデミー賞のノミネートがありました。数多くの賞があるので、ここでは主要6部門のご紹介します。俺の好きなジャンルはとることないだろう(笑)。今回はグラミー賞を観る限り、「6才のボクが、大人になるまで。」の独り勝ちかなぁ・・・それにしても、ノミネート作品に「フューリー」がないのは意外。

第87回アカデミー賞ノミネート

[作品賞]
 ・「アメリカン・スナイパー」
 ・「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・「グランド・ブダペスト・ホテル」
 ・「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
 ・「セルマ」
 ・「博士と彼女のセオリー」
 ・「ウィップラッシュ」

[主演男優賞]
 ・スティーヴ・カレル「フォックスキャッチャー」
 ・ブラッドレイ・クーパー「アメリカン・スナイパー」
 ・ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
 ・マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」

[主演女優賞]
 ・マリオン・コティヤール「トゥー・デイズ、ワン・ナイト」
 ・フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
 ・ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
 ・ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
 ・リース・ウィザースプーン 「ワイルド」

[助演男優賞]
 ・ロバート・デュヴァル「ジャッジ 裁かれる判事」
 ・イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
 ・J・K・シモンズ「ウィップラッシュ」

[助演女優賞]
 ・パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・ローラ・ダーン「ワイルド」
 ・キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
 ・エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」

[監督賞]
 ・アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
 ・リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
 ・ベネット・ミラー「フォックスキャッチャー」
 ・ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
 ・モルテン・ティルドゥム「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

なお、上のリスト作成に当たっては、他の映画サイトの情報を参考にさせていただいています。感謝。

以上
posted by YUJI at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

第35回ゴールデンラズベリー賞ノミネート

通称「ラジー賞」のノミネートが発表になったようです。2/21に、このノミネートの中から大賞が発表されます。内容見ると・・・このノミネートに悪意を感じる。だって、私が観た作品・・・グラミー賞には、ほぼ皆無でラジー賞ばかり(笑)。

ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)とは?
以前はB級映画(最低映画)が各部門受賞をしていたが、最近は実績があるにも関わらず、どうしようもない役柄を演じてしまった俳優や、前評判と実際の出来のギャップが著しい大作などが受賞する場合もある(笑)。

第35回ゴールデンラズベリー賞ノミネート

[最低作品賞]
 ・「Left Behind」
 ・「ザ・ヘラクレス」
 ・「Saving Christmas」
 ・「ミュータント・タートルズ」
 ・「トランスフォーマー/ロストエイジ」

[最低主演男優賞]
 ・ニコラス・ケイジ「Left Behind」
 ・カーク・キャメロン「Saving Christmas」
 ・ケラン・ラッツ「ザ・ヘラクレス」
 ・セス・マクファーレン「荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜」
 ・アダム・サンドラー「Blended」

[最低主演女優賞]
 ・ドリュー・バリモア「Blended」
 ・キャメロン・ディアス「The Other Woman」&「Sex Tape」
 ・メリッサ・マッカーシー「Tammy」
 ・シャーリーズ・セロン「荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜」
 ・ゲイア・ウェイス「ザ・ヘラクレス」

[最低助演男優賞]
 ・メル・ギブソン「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」
 ・ケルシー・グラマー「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」&「オズ めざせ!エメラルドの国へ」&「Think Like a Man Too」&「トランスフォーマー/ロストエイジ」
 ・シャキール・オニール「Blended」
 ・アーノルド・シュワルツェネッガー「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」
 ・キーファー・サザーランド「ポンペイ」

[最低助演女優賞]
 ・キャメロン・ディアス「ANNIE/アニー」
 ・ミーガン・フォックス「ミュータント・タートルズ」
 ・ニコラ・ペルツ「トランスフォーマー/ロストエイジ」
 ・ブリジッド・キャメロン「Saving Christmas」
 ・スーザン・サランドン「Tammy」

[最低スクリーン・コンボ賞]
 ・ロボット含む全キャスト「トランスフォーマー/ロストエイジ」
 ・カーク・キャメロンとそのエゴ「Saving Christmas」
 ・キャメロン・ディアス&ジェイソン・シーゲル「Sex Tape」
 ・ケラン・ラッツとその腹筋・胸筋・尻「ザ・ヘラクレス」
 ・セス・マクファーレン&シャーリーズ・セロン「荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜」

[最低監督賞]
 ・マイケル・ベイ「トランスフォーマー/ロストエイジ」
 ・ダレン・ドーン「Saving Christmas」
 ・レニー・ハーリン「ザ・ヘラクレス」
 ・ジョナサン・リーベスマン「ミュータント・タートルズ」
 ・セス・マクファーレン「荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜」

[最低脚本賞]
 ・「Left Behind」
 ・「Saving Christmas」
 ・「Sex Tape」
 ・「ミュータント・タートルズ」
 ・「トランスフォーマー/ロストエイジ」

[最低なリメイク、パクリ、続編賞]

 ・「ANNIE/アニー」
 ・「Atlas Shrugged:Part III」
 ・「ザ・ヘラクレス」
 ・「ミュータント・タートルズ」
 ・「トランスフォーマー/ロストエイジ」

なお、上のリスト作成に当たっては、他の映画サイトの情報を参考にさせていただいています。感謝。

以上
posted by YUJI at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする