2014年12月31日

1/初〜2/末にかけての上映予定の作品

今年は結局48本を劇場を観ましたが、来年はそれ以上の作品を観れるくらい、沢山の映画が公開されることを期待しています。でも出だし観たいの少ないなぁ。とりあえず、年明け以降の劇場公開作品から。

[1/初〜2/末にかけての上映予定作品]
●96時間 レクイエム(1/9)
▲サン・オブ・ゴッド(1/10)
▲シン・シティ 復讐の女神(1/10)
 エージェント:コール(1/12)
 デス・クルー(1/12)
 ジャッジ 裁かれる判事(1/17)
 スパイ・レジェンド(1/17)
●エクソダス(1/30)
 REC レック4 ワールドエンド(1/31)
●ミュータント・タートルズ(2/7)
 フォックスキャッチャー(2/14)
 アメリカン・スナイパー(2/21)
 アナベル 死霊館の人形(2/28)
 プリデスティネーション(2/28)

 ●:鑑賞予定の作品
 ▲:鑑賞未定の作品

以上
posted by YUJI at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月の鑑賞作品

2014年12月に鑑賞した作品をまとめます。今年のものは、今年のうちに・・・ってね(笑)。で、今月は全17本。2014年はこれで合計 322本を鑑賞。無事目標の300本を達成。流石にこの本数を来年も続けるのは無理だと思うので、来年は映画館での鑑賞を中心に考えて、もう少し自宅での鑑賞本数を減らして、厳選して続けていこうと思います(笑)。さて、来年は邦画にも手を出す・・・ことはきっとないです。

【2014年 12月】 17本
[映画館] 2本
12/13 ホビット 決戦のゆくえ
12/13 ゴーン・ガール

[VOD] 15本
12/06 バトルフロント
12/07 インベーダー・ミッション
12/14 殺人魚獣 ヘビッシュ
12/14 MONSTER モンスター
12/20 ザ・ホスト 美しき侵略者
12/21 ターゲットID
12/23 96時間
12/23 96時間 リベンジ
12/23 エアポート2014
12/28 複製された男
12/28 ドラゴン・フォース 聖剣伝説
12/30 スパイ・アプリケーション
12/30 ブロークン・アイデンティティ
12/31 アンダー・ザ・スキン 種の捕食
12/31 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

今さらブログを観直そうという人はいないかもしれないけれど、上の日付で探すと私の紹介記事がすぐに見つかるかも。

-------------------
【2014年11月】 28本
【2014年10月】 19本
【2014年 9月】 26本
【2014年 8月】 33本
【2014年 7月】 21本
【2014年 6月】 28本
【2014年 5月】 33本
【2014年 4月】 33本
【2014年 3月】 28本
【2014年 2月】 28本
【2014年 1月】 28本
-------------------
【2013年12月】 5本
【2013年11月】 2本
-------------------

以上
posted by YUJI at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014/12/31鑑賞, VOD)

今年最後の一作は、個人的にも年間No.1でもあるこの作品で締めくくることにしました。このブログで2度目の紹介はこの作品が初めてです。改めてこの作品を観て、最初に観た洋画「スター・ウォーズ」のドキドキ感を思い出させてくれる雰囲気をもった作品でした。メジャーではないけれど、しっかりキャラが立ってていいね。「スター・ロード」もさることながら、個人的には「ロケット」と「グルート」のコンビが好きかな。
他のマーベル映画に関連する部分もあったし・・・本作の続篇ももちろん、マーベル作品には今後も期待しています。それと、今年以上に来年も良い映画に巡りあえますことを(笑)。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:15%

20141231-2.jpg

カチンコhttp://marvel.disney.co.jp/movie/gog.html
posted by YUJI at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2014/12/31鑑賞, VOD)

「スカーレット・ヨハンソン」主演、「ポール・ブラニガン」ら共演、「ジョナサン・グレイザー」監督で、「ミッシェル・フェイバー」の同名小説を原作にしたSFスリラー。ある街で、とある女性に誘惑された男たちが次々と姿を消していく。実は彼女は地球外生命体で、最初無表情のまま次々と男たちを誘惑し捕食していく。しかし、顔に障害を持つ一人の男との出会いから徐々にこの女性の様子に変化が現われ始める・・・という内容。
「スカーレット・ヨハンソン」よ・・・この作品で脱ぐ必然性はあったのか(笑)? 原作は全く知らないけれど、本当にこういうトーンの作品なのだろうか?と思ってしまった内容で、この作品の意図が正直分からなかった(タイトルの意味は最後まで見れば一応わかるけど・・・)。私には難しすぎるのかも(笑)。ちなみに、全編通して無声映画並みに最小限の会話しかない演出と独特な雰囲気は結構斬新で印象的、決して恐怖のある作品ではないけれど、スリラーとしての作品感は十分に出せていると思う・・・けど、これSFじゃなくて狂気の犯罪者(女性)という設定でも成り立つような気がするのは気のせいだろうか(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:80%

20141231-1.jpg

カチンコhttp://www.finefilms.co.jp/skin/
posted by YUJI at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

ブロークン・アイデンティティ (2014/12/30鑑賞, VOD)

「クノ・ベッカー」「アルバロ・ゲレロ」ら共演の「未体験ゾーンの映画たち 2014」上映作品でメキシコ製作の近未来サスペンス映画。網膜による個人を管理している近未来が舞台。一人の青年が主人公の医師が滞在する山小屋の近くで倒れているのを発見する。この青年を助けると、彼は怪我をしており、しかも記憶を失っていることから彼を病院に運び込むが、青年の網膜はどのIDとも合致しなかった。そんな中、謎の組織が青年を追って動きはじめる・・・という話。
メキシコ映画ということで少し色眼鏡で観ていたが・・・結果、結構ハリウッドっぽい作品で、この印象は一変して楽しく見ることができた・・・が、最後まで見て「!?」となってしまった(笑)。なんとなく尻切れトンボっぽい終わり方で、消化不良な印象。勿体ない。それと青年が主人公みたいなジャケットだけれど・・・多分主人公は医師だと思う(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:60%

20141230-2.jpg

posted by YUJI at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイ・アプリケーション (2014/12/30鑑賞, VOD)

「ジョン・シェパード」「ジーナ・ブッシュ」「ブレントン・デュープレッシー」「クレイトン・マイヤーズ」ら共演、「ヨルグ・イーレ」監督、「ニコール・ジョーンズ 」脚本で、スマフォアプリをモチーフにしたサスペンス作品。アプリのコンテストでひと山当てようとする大学生の主人公二人が、自作のスパイウェア・アプリの開発を行いこれのテストをしているさなかに見かけた映像から、米国大統領選挙の候補者によるスキャンダル隠しの陰謀に巻き込まれてしまうという話。
「スパイ・アプリケーション」というタイトルと「米国大統領選挙の裏に隠された陰謀」という紹介文章、更に FBI役のキャラが出演するからもっと大きな犯罪に巻き込まれるのか思ったら、スキャンダラスなスケールの小さな内容だった。まぁ主人公達は大学生だし(笑)。面白いけれど、このアイディアならもうちょっと頑張れたかもしれないので、ちょっとだけ残念。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:65%

20141230-1.jpg

posted by YUJI at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

ダブル・トリガー (2014/12/29鑑賞, VOD)

「ドルフ・ラングレン」が悪役で登場するサスペンスアクション映画。主人公夫婦があるきっかけから完璧な警備システムを備えた豪邸を購入するが、それをきっかけ殺し屋たちが建物内の「何か」を求めて彼らを襲う・・・という内容の作品。
内容的には、大の大人が演じている、ちょっとシリアスな「ホーム・アローン」です(笑)。といっても設定は、殆どコメディーですが・・・。ちなみに、さも主演が「ドルフ・ラングレン」であるかのような煽りとこのジャケット写真はさすがに詐欺です。決して主役ではありません(笑)。しかし「ジャン=クロード・バン・ダム」といい・・・「エクスペンダブルズ」出演メンバーはこういう使われ方するのか。うーん。
ふらふら地雷指数:120%

20141229-1.jpg

posted by YUJI at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

ドラゴン・フォース 聖剣伝説 (2014/12/28鑑賞, VOD)

「マーク・L・レスター」監督が「アーサー王と円卓の騎士」を題材にして描いたファンタジー・アクションアドベンチャー作品。最強の英雄「ランスロット」が王国を奪う魔女と彼女が操る邪悪なドラゴンに戦いを挑み、王国を取り戻すための戦いを描いた話。
酷い・・・スケールも小さいし、演技も下手すぎる。学芸会の演劇レベル(笑)。ドラゴンとの戦いも殆どないし・・・っていうか、そもそもドラゴンは群れてないし、力にもほとんどなってないし・・・時間損した。そもそもこのポスターの女性、ただの脇役だし(笑)。
ふらふら地雷指数:130%

20141228-2.jpg

posted by YUJI at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

複製された男 (2014/12/28鑑賞, VOD)

「ジェイク・ギレンホール」が主演で1人2役、「ドゥニ・ビルヌーブ」監督で、ポルトガルのノーベル賞作家「ジョゼ・サラマーゴ」の小説を映画化したミステリー作品。大学教授である主人公の男が、自分と瓜二つの人物の存在を知る。主人公の男性は、取り憑かれたように瓜二つの男性を探し、会うことにする。すると、顔も声も、そして体格、生年月日、傷までもが同じ位置にあることが分かってしまう。やがてこのことが、2人のパートナーを巻き込んでの展開になる・・・という話。
ほぼ全編がミステリー調なんだけれど・・・どうやらSFらしい(笑)。サイコならともかく、SFにした意味は話からいけど。もともとこういう作品? 今年公開された「プリズナー」の監督なんで、こんな感じかなぁとは思ったけれど、全編通してのトーンも暗すぎる(笑)。ちなみに、ストーリーのアイディアはまぁいいとして、とりあえず何か一つでもいいから解決しようよ・・・という投げっぱなし作品。とにかく、すげぇストレスたまった(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:95%

20141228-1.jpg

カチンコhttp://fukusei-movie.com/
posted by YUJI at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

エアポート2014 (2014/12/23鑑賞, VOD)

「ジェームズ・コンデリク」監督・脚本・編集、「デヴィッド・リマウィー」製作総指揮で、火山が噴火する中を飛ぶ旅客機に脅威が襲い掛かる姿を描いたディザスター・パニック映画。電子機器が突如狂ってしまった旅客機が、目の前に突如現れた雲を抜けると、そこには炎を吹き上げる火山の姿があったという内容。
ディザスタ−作品としては、なすすべがない姿を描くのが一般的なんだけれど、この作品はちょっと違う方向に持っていく面白い内容。・・・なんだけれど、役者が下手すぎるので観るのがつらかった(笑)。結局何もしてないんだよね。だったら役者も何もしない方が良かったかも。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:90%

20141223-3.jpg

posted by YUJI at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする