2014年08月03日

獣人プレデター (2014/08/03鑑賞, VOD)

「デヴィッド・A・プライアー」監督による、謎の獣による大殺戮の恐怖を描いたパニックホラー。小さな町にある森での無残な死体が発見さ、事件を解決すべく保安官が調査を始める。しかし、そこにある科学者が現れ、「これは人間ではなく何らかの未知の生命体の仕業である」と主張するところから話は進んでいく。
映画というよりも、B級テレビドラマな感じ。サスペンスならともかく、ホラーならホラーに撤すればいいのに、第三勢力を引き合いに出すからこういうことになる(笑)。しかも画面は暗いし、獣人のクオリティーもかなり低くて、恐怖感が感じられない。加えてラストのシーンは絶対いらないと思う。地雷度130%の作品です。流石に、お勧めできません(笑)。
ふらふら地雷指数:130%

20140803-1.jpg

posted by YUJI at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

2014年 7月の鑑賞作品

2014年 7月に鑑賞した作品をまとめます。全21本。2014年はこれで合計 199本。もうすぐ200本越えか・・・年500本!? 今月は、映画館上映作品の鑑賞作品はひと段落、来月から夏休みのピークです。やっぱり月20本が妥当な数か・・・。

【2014年 7月】 21本
[映画館] 2本
07/12 ダイバージェント
07/26 GODZILLA

[VOD] 19本
07/04 デンジャラス・バディ
07/05 バッド・アス ジャスティス・リターンズ
07/05 エウロパ
07/06 PUSH 光と闇の能力者
07/07 レギオン
07/08 ルーザーズ
07/11 ドラゴン・キングダム
07/12 裏切りのスナイパー
07/13 DEADLAND デッドランド
07/13 サバイバル・ソルジャー
07/19 アース・ウォー
07/19 クリーチャーズ 異次元からの侵略者
07/19 ビューティフル・クリーチャーズ 〜光と闇に選ばれし者〜
07/20 アイアン・スカイ
07/20 アメリカン・ハッスル
07/21 エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者
07/21 アイアンクラッド
07/27 3デイズ
07/27 ダーク・クエスト 漆黒の騎士団
 
今もブログを観直そうという人はいないかもしれないけれど、上の日付で探すと私の紹介記事がすぐに見つかるかも。

-------------------
【2014年 6月】 28本
【2014年 5月】 33本
【2014年 4月】 33本
【2014年 3月】 28本
【2014年 2月】 28本
【2014年 1月】 28本
-------------------
【2013年12月】 5本
【2013年11月】 2本
-------------------

以上
posted by YUJI at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランス・ワールド (2014/08/02鑑賞, VOD)

「サラ・パクストン」「スコット・イーストウッド」「キャサリン・ウォーターストーン」「ショーン・サイポス」共演、 「ジャック・ヘラー」監督が、アカデミー賞受賞スタッフと共に製作したSFサスペンス映画。とある森の中に迷い込んだ3人が、協力し合い、次第に打ち解けていくが、やがてそれぞれの認識している現在地や時代が全く異なることに気付いていく・・・というストーリー。
舞台は他に人のいない森の中、ほぼ4人のみの出演者という低予算映画。特撮シーンもはっきりいえば、あまり良い出来ではなかったけれど、タイムトラベルもの(!?)としては脚本は意外といいんじゃないだろうか。途中まで感づかせず、そういうオチ!? と思わせる面白い作品だっと思う。個人的にはお勧め。エンディングシーンの女優二人は、正直無理はあったけれど(笑)・・・長すぎないのもいい。
わーい(嬉しい顔)地雷指数:30%

20140802-2.jpg

posted by YUJI at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダークウォーリアー (2014/08/02鑑賞, VOD)

「ジョン・リチャゴ」監督で魔法使いと女戦士らの戦いを描くSFアクション。権力に取り憑かれた魔術が、魔術師の長を抹殺して着々と己の勢力を広げ始めるという映画。以上終わり(笑)。
話に出てくる出来事全てが、理由がなくて結果も半端なことになってしまう内容の作品。で、なんだったの?という思いだけが残ってしまった。女戦士とあるが、恰好はそれっぽいけれど、実際にはへたれのアクションなのも酷い。もう少し何とかならないものか・・・。そもそも、原題は「MAGUS」と邦題では主役が代わっているし、このポスターの絵はストーリーのどの部分も表現してなくないか!?
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:85%

20140802-1.jpg

posted by YUJI at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする