2014年01月23日

ノウイング (2014/01/23鑑賞, VOD)

・・・なんだこれ!? とある学校で、50年前のタイムカプセルを開けたところからスタート。ストーリーはそれなりにあるんだけど、主人公おまえはどうするんだ?って感じ。しかも、終わりのシーンには腹を抱えて笑った。ディザスタ−ネタのサスペンスだよね? それに、そもそも最初のシーンから、しかも普通のロケでできるだろ!?というのも全て、特撮か合成。実写のシーンはアップだけ? あまりに雑すぎて素人目に見てもやばい(笑)!
地雷踏まないように意識してアクション避けているのだけれど、直撃な感じ。ニコラス・ケイジ作品選べよ(笑)。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:93%

20140123-1.jpg
posted by YUJI at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

ザ・ターゲット (2014/01/22鑑賞, VOD)

同名の作品もあるんだけれど、こちらはあのチャーリー・シーンが出ているほう。この人、「プラトーン」や「ウォール街」の時は、結構いけてたんだけれど、その後の「ホット・ショット」とか「ヤングガン」の方がイメージ強いな。トム・クルーズやロブ・ロウと仲良かったのに明暗分かれたし。
しかしこの作品なんだ!? 爆発なくてよいと思っていたのに・・・「逃亡者」をやってるんだろうけれど、盛り上がりどころもにないし、追われている理由もわけわからない。しまいに最後にこの終わり方?って感じ。このジャケットもズルだな。貴重な時間を返してくれ(笑)。
ps. 作品関係ないけれど、兄貴の「エミリオ・エステべス」大好きなんだけどなぁ。
もうやだ〜(悲しい顔)地雷指数:95%

20140122-1.jpg
posted by YUJI at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

はまっている映画評論家(?)

今回は、このブログを見てくれている方々に知ってほしい今私がはまっている映画評論家(?) 2人。有名なので、皆知っていると思うけれど・・・他にも面白い批評をする人はたくさんいると思うので、ぜひ教えてくださいね。

【町山智浩】

町山氏は、映画評論家でコラムニスト。元宝島社勤務で映画秘宝創刊後、退社し渡米。現在は、米国カリフォルニア州バークレーにお住まい。時々日本に現れるみたい。
この人は、「松嶋×町山未公開映画を観るTV』をずっと見ていた時からのファンだったりします。その後、TBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」の出演回はpodcastで毎回聞いています。

プロだけあって、オールラウンドで豊富な知識なのだが、個人的には、この人の趣味は結構私に近いと思う。地雷映画が好きかもしれん(笑)。ただ、この人のコメディ好きとすぐにエロな話題に変わっていくフリートークには、ついていけないけど(笑)。

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/


【ライムスター宇多丸】

宇多丸氏は、日本のヒップホップグループ「ライムスター」のMC。また、ライター、アイドル評論家、映画評論家などとしての活躍が有名。TBSラジオの番組で、いつも映画の酷評をされていて、年末の年間ランキング特集とたまに出演する町山さんとの掛け合いが面白い。

ただ、私個人の感想としては、好みのジャンルがどうやら私とはかなり違うこと。映画を楽しむことは知っていると思うけれど、豊富な知識から出る酷評が、一般の人はそこ観てないから・・・ということが多い気がする。私は同意できないところがあるけれど、たまにご自身より知識を持っている人が出演すると、簡単に同調してしまうところが面白い。

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル
http://www.tbsradio.jp/utamaru/

他にも面白い批評をする方は多いのだけれど、
最近はまっているのは、この二人かな。
posted by YUJI at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第86回米国アカデミー賞のノミネート作品

昨日に続いて「アカデミー賞」のノミネート作品を紹介。
実はこっちのほうが苦手だし、観ていない映画が多すぎる。基本的には、紹介も予想もいろんなところでやっているので、そちらに任せるよう。ちなみに、ゴールデングローブ賞を観る限り「アメリカン・ハッスル」「キャプテン・フィリップス」「ダラス・バイヤーズクラブ」「ゼロ・グラビティ」あたりかなぁ。ただあまり、「ダラス・バイヤーズクラブ」は良い評を効かないんだよなぁ。

でも、言っていい? 実は「ラズベリー賞」と違って、あまり興味がない(きっぱり)。


第86回米国アカデミー賞のノミネート作品

作品賞
  アメリカン・ハッスル
  キャプテン・フィリップス
  ダラス・バイヤーズクラブ
  ゼロ・グラビティ
  her/世界でひとつの彼女
  ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
  あなたを抱きしめる日まで
  それでも夜は明ける
  ウルフ・オブ・ウォールストリート

主演男優賞
  クリスチャン・ベール(アメリカン・ハッスル)
  ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
  レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
  キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)
  マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)

主演女優賞
  エイミー・アダムス(アメリカン・ハッスル)
  ケイト・ブランシェット(ブルージャスミン)
  サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)
  ジュディー・デンチ(あなたを抱きしめる日まで)
  メリル・ストリープ(8月の家族たち)

助演男優賞
  バーカッド・アブディ(キャプテン・フィリップス)
  ブラッドリー・クーパー(アメリカン・ハッスル)
  マイケル・ファスベンダー(それでも夜は明ける)
  ジョナ・ヒル(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
  ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)

助演女優賞
  サリー・ホーキンス(ブルージャスミン)
  ジェニファー・ローレンス(アメリカン・ハッスル)
  ルピータ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
  ジュリア・ロバーツ(8月の家族たち)
  ジューン・スキッブ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)

監督賞
  デイヴィッド・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル)
  アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
  アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
  スティーヴ・マックイーン(それでも夜は明ける)
  マーティン・スコセッシ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

このリストも、他のサイトを参考にさせていただいています。感謝。
他の賞もたくさんあるので本家サイトを参考にしてください。面白い賞がもっとたくさんありますよ。

oscar.jpg

posted by YUJI at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

第34回ゴールデン・ラズベリー賞ノミネート作品

これから先に紹介するのもどうかと思うけれど、1/16のアカデミー賞ノミネート発表の前に、2014年のワースト作品を決める「ラジー賞」こと「ゴールデン・ラズベリー賞」のノミネート作品などが発表されたらしいです。最優秀賞も本家の前夜祭にあわせて発表されるらしい。これ、選ばれたくないはずなのに、選ばれた人は授与式に参加する人もいるんだよなぁ、アメリカ人はギャグが分かる(笑)。

このブログのもとになった昔のホームページも、作ったときは知らなかったけど、この賞をベースにしたようなもの。同じこと考える人はたくさんいるんだなぁ(笑)。それにしても、この賞に関連する作品を選んでみているみたいだ・・・俺。作品賞は「アフター・アース」、主演男優賞は、「スタローン」というのがおれの予想。ローン・レンジャーは、よく観たらそんなに悪くないと思うのだけど。

<第34回ゴールデン・ラズベリー賞ノミネート作品> ※太字は私の予想

最低作品賞
  アフター・アース
  アダルトボーイズ遊遊白書
  ローン・レンジャー
  A Madea Christmas
  ムービー43

最低主演男優賞
  ジョニー・デップ(ローン・レンジャー)
  アシュトン・カッチャー(スティーブ・ジョブズ)
  アダム・サンドラー(アダルトボーイズ遊遊白書)
  ジェイデン・スミス(アフター・アース)
  シルベスター・スタローン (バレット、大脱出、リベンジ・マッチ)

最低主演女優賞
  ハル・ベリー(ザ・コール 緊急通報指令室、ムービー43)
  セレーナ・ゴメス(Getaway)
  リンジー・ローハン(The Canyons)
  タイラー・ペリー(A Madea Christmas)
  ナオミ・ワッツ(ダイアナ、ムービー43)

最低助演男優賞
  クリス・ブラウン(Battle of the Year)
  ラリー・ザ・ケーブル・ガイ(A Madea Christmas)
  テイラー・ロートナー (アダルトボーイズ遊遊白書)
  ウィル・スミス(アフター・アース)
  ニック・スウォードソン(アダルトボーイズ遊遊白書、A Haunted House)

最低助演女優賞
  サルマ・ハエック(アダルトボーイズ遊遊白書)
  キャサリン・ハイグル(グリフィン家のウエディングノート)
  キム・カーダシアン(Temptation: Confessions of a Marriage Counselor)
  レディー・ガガ(マチェーテ・キルズ)
  リンジー・ローハン(InAPPropriate Comedy、Scary Movie 5)

最低監督賞:
  デニス・デューガン(アダルトボーイズ遊遊白書)
  タイラー・ペリー(A Madea Christmas、Temptation: Confessions of a Marriage Counselor)
  M・ナイト・シャマラン(アフター・アース)
  エリザベス・バンクス、スティーヴン・ブリル、他多数(ムービー43)
  ゴア・ヴァービンスキー(ローン・レンジャー)

上のリストは、他のサイトを参考にさせていただいています。感謝。
他の賞は本家サイトを参考にしてください。面白い賞がもっとたくさんありますよ。
本家のアカデミー賞のノミネートは、また明日以降書きますね。
posted by YUJI at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

ローン・レンジャー (2014/01/19鑑賞, VOD)

この映画、ストーリーもしっかりしてるし、感動させてくれる。複線もきっちり回収されているいい映画なんだけどなぁ・・・彼が出ると必ず色物になる気がする(笑)。きっちり最後まで撮ったら、もっと賞をとれるのでは? それでいて、きっちり犠牲者がでてるんだよなぁ。それをグロく見せない演出なのか、やっぱり彼の影響なのか!? 回想劇というのはナイス。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:45%

20140119-1.jpg

カチンコhttp://www.disney.co.jp/loneranger/
posted by YUJI at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第71回ゴールデン・グローブ賞 受賞結果

先日発表された、「劇場映画、テレビ作品の両方を讃える賞の中で唯一、テレビ中継される授賞式として世界が注目するアワード、それがゴールデン・グローブ賞!」を紹介。「ゼロ・グラビティ」がもっと取ると思ったのだけれど・・・


第71回ゴールデン・グローブ賞 受賞結果



ドラマ部門 作品賞 (Best Motion Picture - Drama)
★「それでも夜は明ける」
・「キャプテン・フィリップス」
・「ゼロ・グラビティ」
・「あなたを抱きしめる日まで」
・「ラッシュ/プライドと友情」

ドラマ部門 女優賞 (Best Performance by an Actress in a Motion Picture - Drama)
★ケイト・ブランシェット「ブルージャスミン」
・サンドラ・ブロック「ゼロ・グラビティ」
・ジュディ・デンチ「あなたを抱きしめる日まで」
・エマ・トンプソン「ウォルト・ディズニーの約束」
・ケイト・ウィンスレット「とらわれて夏」

ドラマ部門 男優賞 (Best Performance by an Actor in a Motion Picture - Drama)
・キウェテル・イジョフォー「それでも夜は明ける」
・イドリス・エルバ「MANDELA: LONG WALK TO FREEDOM」
・トム・ハンクス「キャプテン・フィリップス」
★マシュー・マコノヒー「ダラス・バイヤーズクラブ」
・ロバート・レッドフォード「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜」

助演女優賞 (Best Performance by an Actress in a Supporting Role in a Motion Picture)
・サリー・ホーキンス「ブルージャスミン」
★ジェニファー・ローレンス「アメリカン・ハッスル」
・ルピタ・ニョンゴ「それでも夜は明ける」
・ジュリア・ロバーツ「8月の家族たち」
・ジューン・スキッブ「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

助演男優賞 (Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture)
・バーカッド・アブディ「キャプテン・フィリップス」
・ダニエル・ブリュール「ラッシュ/プライドと友情」
・ブラッドリー・クーパー「アメリカン・ハッスル」
・マイケル・ファスベンダー「それでも夜は明ける」
★ジャレッド・レト「ダラス・バイヤーズクラブ」

監督賞 (Best Director - Motion Picture)
★アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・グラビティ」
・ポール・グリーングラス「キャプテン・フィリップス」
・スティーヴ・マックィーン「それでも夜は明ける」
・アレクサンダー・ペイン「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
・デヴィッド・O・ラッセル「アメリカン・ハッスル」

posted by YUJI at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

大脱出 (2014/01/18鑑賞, 映画館)

シュワルツェネッガーとスタローンの共演作・・・って、これスタローンの映画にシュワちゃんが出ているだけだろ。この作品のシュワちゃんははっきりいって雑魚だな(笑)。それにしても、タイトル通り脱獄ものなので、静かな作品かと思ったけれど、四天王だけあって、やっぱり爆発するのね。ストーリーはやっぱり・・・ない(笑)。 考えてみたら、この映画のジャケット、肝心なところがネタばれだろう(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:40%

20140118-2.jpg

カチンコhttp://dassyutsu.gaga.ne.jp/
posted by YUJI at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンダーのゲーム (2014/01/18鑑賞, 映画館)

土曜日の初日だっていうのにがらがら。ここ、大丈夫か!?
それはともかく、この作品、最後の方まで見て、やっと作品名の意味が分かった。小説が原作だけあってふかいねぇ。作品自体は楽しめるのだけど、ひろいきれてないネタが多すぎる。なぜ彼が選ばれたのか? 仲間はどうやって選ばれたのか? など本では描かれていただろう、それなりに観客を納得させるのに必要な話がごっそり(笑)。しかし、銀河英雄伝説のヤンを地でいっている感じだな。
そういえば、この作品にハン・ソロじゃない、ハリソン・フォード出てたのねぇ。最初から最後まですごい憎まれ役だけど。それにしても、特典で主役の子のブロマイドだか絵はがき貰ったけれど、俺にどうしろと(笑)!?
がく〜(落胆した顔)地雷指数:60%

20140118-1.jpg

カチンコhttp://disney-studio.jp/movies/ender/
posted by YUJI at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

バンテージ・ポイント (2014/01/13鑑賞, VOD)

この作品、関係者がやたらに多い上に、時間を事件前後でちょこちょこ飛ぶので、状況把握にやたら時間かかるアクション・サスペンス。
もう少し、ゆっくり見せてくれれば話がわかりやすいのにね。この作品、誰が主役なんだ(笑)!? ちなみにシガニー・ウィーバー出演の意味が分からん。
しかし最近、やたら大統領づいているような気がする(笑)。
がく〜(落胆した顔)地雷指数:45%

20140113-2.jpg

カチンコhttp://bd-dvd.sonypictures.jp/vantagepoint/
posted by YUJI at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする